« パナマ文書とトヨタと安倍首相 | トップページ | 舛添都知事の金の使い方 »

オバマ大統領   広島訪問を決断

NHKが「政府  オバマ大統領広島訪問を発表」と報じた。

5月27日安倍首相とともにオバマ大統領が、広島を訪問すると発表されました。

オバマ大統領は、黒人として初めてのアメリカ大統領です。2009年チェコの首都プラハに

おいての演説「核兵器のない世界を目指す」といい、オバマのノーベル平和賞受賞に繋が

っている。


今回、G7参加のために来日するが、そのあとに広島を訪問する。オバマ氏は、大統領として

の任期が来年1月に終わる。彼の核廃絶を求める演説をプラハに始まり、広島で終わりたい

のでしょう。これで、広島・長崎の被爆地の期待が一気に高まった。

広島・長崎への原爆投下。東日本大震災により発生した東電福島原発事故による福島県民

を中心とした何十万人にも及ぶ被害者が、いまだに避難生活を送らざるを得ない状態です。

オバマ大統領の演説で世界中の核廃絶が、進むことを願うばかりです。

世界中の中で日本ほど核の被害にあった国はない。


日本は、技術立国といわれて来た。日本こそ、原発に代わる

技術を確立するため世界に
先駆け努力するべきです。

オリンピック招致のために「原発は、アンダーコントロール」

という首相はいらない。



日本で二度と核兵器や原発の被害を受けない国にすべく

努力してほしい。

« パナマ文書とトヨタと安倍首相 | トップページ | 舛添都知事の金の使い方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

真珠湾攻撃と原爆投下はイコールか

オバマ大統領が広島の平和記念公園を訪れ、核廃絶を呼びかける声明を発表する、という構想が明らかとなった。
歓迎すべきことだ。
アメリカ大統領として、原爆投下の謝罪をするということは想定されていない。それはそれでいいと思う。なぜなら核廃絶を希求する日本国民が求めるものはアメリカ大統領の謝罪ではなく、アメリカ国民の総意が、原爆投下は間違いであったと認めることであるからだ。そこまでに至るのにはまだまだ多くの時間が必要のようである。ゆっくり、時間をかけよう。

それにしても。この構想に呼応して、安部首相の真珠湾訪問構想も浮かび上がったそうである。

オバマ大統領の広島訪問があるからと言って、なぜ安部首相の真珠湾訪問が浮かび上がるのか。

まさか、アメリカによる原爆投下と、日本軍による真珠湾攻撃が価値としてほぼ同じ、という認識があるわけではない、と信じたい。

オバマ大統領が広島を訪問したことの見返りとして安部首相が真珠湾を訪問するのであるならば、 
それは広島原爆投下の被害を著しく貶めることになる。そればかりでなく、日本政界指導者の米国追随根性の発露として、国際的にも冷笑されるだけに終わることだろう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/65418285

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領   広島訪問を決断:

« パナマ文書とトヨタと安倍首相 | トップページ | 舛添都知事の金の使い方 »

無料ブログはココログ