« 鎌倉市医師会   再発した予防接種事故  | トップページ | 5月15日開催大船まつり   熊本地震の募金を! »

鎌倉市稲村ヶ崎下水流出事故  市民へ節水お願い  広報が遅い

鎌倉市は、稲村ケ崎下水流出事故で4月29日下水管の仮排水管を設置したが、すべての

下水を送水できずに一部を海に放出させています。放水量は、10トン・タンクローリーで

1000台にもなるすごい量です。

松尾市長が、5月7日夕方、自らのFACEBOOKにて節水の呼びかけをしていますが、市の

HPには、5月8日朝に「稲村ガ崎における下水流出事故について(2016年5月8日)」の中に

節水にご協力お願いします」とアップしています。

下水道の現場職員は、4月22日漏水事故以来、対応に休みも取らず、頑張っておられます

が、市民への節水呼びかけが、遅いと言わざるを得ない。

  なぜ、広報が遅くなったのか

1.市の一セクションの問題としか捉えていないのではないか。

2.市長・副市長をはじめ市の幹部職員が、市全体の問題と捉えていれば、もっと早く

  市民向け「節水呼びかけ」広報がなされていたと考えます。

3.5月9日現在のネット上記事では、読売新聞だけしかアップされていません。

 

« 鎌倉市医師会   再発した予防接種事故  | トップページ | 5月15日開催大船まつり   熊本地震の募金を! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/65390795

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市稲村ヶ崎下水流出事故  市民へ節水お願い  広報が遅い:

« 鎌倉市医師会   再発した予防接種事故  | トップページ | 5月15日開催大船まつり   熊本地震の募金を! »

無料ブログはココログ