« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

平成28年度6月議会最終日議決について

2016年6月30日鎌倉市議会の議決について報告します。

報告は、退席者や討論・質疑がない総員賛成を除く議案議決について

  市長提出議案

1.議案第15号:指定管理者の指定について(梶原子供会館)

  賛成多数。反対討論:吉岡・上畠・三宅各市議。

  反対:千・松中・岡田・渡辺昌一郎。共産・NET・公正と法。合計10名。

2.平成27年度議会議案32号(チェックオフ・組合費引き落とし)

  鎌倉市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  否決。反対討論:吉岡市議。賛成:渡辺昌一郎・松中。みんな・公正と法。合計8名。

3.議案第6号:鎌倉市企業活動拠点整備事業選定委員会条例の制定について

  賛成多数。反対討論:三宅。賛成討論:山田。反対:公正と法・NET。

 

 

続きを読む "平成28年度6月議会最終日議決について" »

「ティアラ鎌倉」から考える「出産」とは

「ティアラ鎌倉」設立当時は、鎌倉に出産できる医療機関は、湘南鎌倉総合病院しかなかっ

たが、今や多くの出産ができる医療機関ができ、「ティアラ鎌倉」が、民業圧迫になる存在と

なってきている。今まで、経済的な視点で言及してきたが、「出産」とは何ぞやという視点で

考えてみたい。

続きを読む "「ティアラ鎌倉」から考える「出産」とは" »

陳情「外部監査実施」と公共施設再編計画について

2016年6月28日二日目の総務常任委員会が開催された。

主な内容

1.報告事項(経営企画部)

(1)第3次鎌倉市総合計画第3期基本計画後期実施計画策定方針について
(2)公共施設再編計画の取組状況について

 ア 本庁舎移転に関わる基礎調査 ダイジェスト版(湘南一人オンブズマン日記より)

   本庁舎 1案:190億。2案:200億。3案:180億。既敷地外は、JR深沢跡地か。

 イ 支所ごとの学校に拠点校を設ける。

 

 

 

 

続きを読む "陳情「外部監査実施」と公共施設再編計画について" »

PFI事業断念と寄付と公金現金管理について

2016年6月27日総務常任委員会が開催されました。

  主な内容で気になった点

1.鎌倉芸術館大規模改修の手法の変更について

  費用平準化のためPFIにて改修を行うと言っていた。PFI事業は今回初めての手法でした

  が、やめるという。工費は25億円で市債を起債し、賄うという。市は以前から政策を簡単

  に変えるのは、平気です。何のための政策決定なのか。政策変更の説明についても明快

  な答弁がない。この事業は、市の経営方針を決める経営企画部が、担当している。馬鹿

  げた話です。

 

続きを読む "PFI事業断念と寄付と公金現金管理について" »

安倍首相は、日本の代表としてふさわしいか

2016年6月22日から参議院選が始まっています。参議院選の結果により日本の代表者を

決めるわけではないが、今後の日本政治を決めていくことになります。


安倍首相の政治方針とともに「人柄」「品格」について考えてみたい。

続きを読む "安倍首相は、日本の代表としてふさわしいか" »

舛添都知事辞任後の都政

過去三代にわたり都知事は、任期途中でやめています。一人目は、石原知事で衆議院選

に出馬。二人目猪瀬知事と三人目舛添知事は、政治資金での辞任です。

もう一つの三人共通点は、都知事選公示直前に出馬表明していることです。

都知事選が、人物でなく人気投票となったきっかけは、青島氏が、選挙運動を行わず、立候

補し、当選したことです。都民が、誰がやってもよいと判断したことが、この流れを作ったと言

えます。

今回の都知事選でも、出馬について「後出しジャンケン」が有効と誰も出馬表明していま

せん。その中、石原伸晃経済再生担当相の名前が...。

続きを読む "舛添都知事辞任後の都政" »

「速報」 イギリスBBCがEU離脱が確実と報じた。

時事通信「英、EU離脱へ=欧州分裂、大きな岐路に―残留派に僅差で勝利・国民投票」と報

じた。

イギリスは、かって大英帝国と言われた大国であったが、最近は、国力の低下が進んでいま

す。EU離脱派が、大勢を占めたのは、イギリス国力があった時代を知る高齢者たちの意見

が勝ったのではないか。若者は、イギリスが離脱する弊害により、活躍する場が少なくなると

考えます。

ヨーロッパ政治経済の低下が進み、特に、ヨーロッパに依存する日本企業も大きく影響を受

けるでしょう。

鎌倉市医師会立産科診療所「ティアラ鎌倉」に過大補助金が支払われている。

2016年6月23日鎌倉市議会・観光厚生常任委員会において、報告事項「健康福祉部に

おける不適切な事務処理について」にて、上畠市議により質疑が行われ、「ティアラ鎌倉」の

不適切事務が判明しました。

この事業は、医師会立と言いながら医師会の負担は、人材を出すだけで家賃や医療機器の

リース代に加え事業による赤字が出れば、市が負担するという補助事業です。実態は、鎌倉

市立と言える事業でありながら委託事業としていません。

内容から医師会立の補助事業とすることが、おかしいと考えます。

続きを読む "鎌倉市医師会立産科診療所「ティアラ鎌倉」に過大補助金が支払われている。" »

委員会における「北鎌倉隧道」陳情審議

2016年6月22日教育こどもみらい常任委員会の陳情第12号「円覚寺結界尾根の学術調査

の実施を求める陳情」の審査が行われ、採決前に各委員が、意見表明をした結果、継続

審査:高橋・久坂・前川委員となり、賛意を示し採決を求めた:千・竹田委員だけとなり継続

審査が決定した。

当ブログ「円覚寺結界をめぐる北鎌倉隧道」に寄せられたコメント

【再拡散希望】2016/6/222(北鎌倉湧水ネットワーク) 調査請願;鎌倉市議会教育こどもみらい常任委員会継続審議

http://kitakamayu.exblog.jp/25726390/

コメント:第三者委員会には担当部が選択した資料のみ提出するとの答弁、傍聴者から失笑

誘う

続きを読む "委員会における「北鎌倉隧道」陳情審議" »

白紙請求書職員処分に関わる広報  

2016年6月13日白紙請求書の処分を鎌倉市が、発表しました。

総務部職員課が、不適切な事務処理問題の中で「前例踏襲の事務処理」を行っているの

ではないかと疑っています。

1606150116062101_2

続きを読む "白紙請求書職員処分に関わる広報  " »

円覚寺結界をめぐる北鎌倉隧道

2016年6月20日葉山インサイダー「速報 鎌倉インサイド情報 「北鎌倉のトンネル工事 県

はOKを出した」が出ています。

2016年6月20日岩田薫氏からメールが来ました。

内容は「本日、道路課の森課長に会いました。「文化庁の言う調査は尾根のことだろ。トンネ

ルの価値は言っていない。専門家の意見を聞くための調査をするために伐採と測量をする

ので、作業員の安全をはからねばならない。トンネル技術協会の指摘どおり北鎌倉隧道を

モルタルで埋めることも考えないといけない」と述べました。「隧道の中を鉄枠で覆うなり、逗

子が名越切通で行った補強工事とか方法があるのでは?」と聞いたら、「枠で覆う工法も逗子

の切通の工法も、トンネルの中の上部の壁の崩落防止であり、隧道の上の斜面の土砂崩れ

を防ぐことにならない。伐採で崩れないようにするためモルタルで防ぐのがベスト」と森課長。

文化庁の調査まで開削はしないと市長は議会で言いました。しかし、トンネルにモルタルを

充填する作業は近く行われそうです。「トンネルに文化財的価値はない。何ら問題ない」と森

課長は述べています。まさに風前の灯です。岩田薫」

続きを読む "円覚寺結界をめぐる北鎌倉隧道" »

「円覚寺の結界とまちづくり」のシンポジューム

16062001

鎌倉商工会議所地下ホールで100人以上の参加者が集まり開催されました。

参加者の中に市議が参加していたが、増えている。

従来から保存運動に賛成している岡田市議(無所属)、赤松・吉岡市議(共産)以外に、

山田市議(みらい)、河村市議(みんな)、松中市議(無所属)が、参加していた。

続きを読む "「円覚寺の結界とまちづくり」のシンポジューム" »

鎌倉市6月議会「北鎌倉緑の洞門」

2016年6月17日神奈川新聞「文化財価値検討へ 北鎌倉トンネル」と報じています。

この記事で、質問したのは上畠・松中市議と書いているが、赤松市議も、この問題だけで

一般質問をしています。

陳情第10号:

陳情第11号:北鎌倉隧道開削工事に関する法令違反の事実を議会としてただすことを

         求める陳情

陳情第12号:円覚寺結界尾根の学術調査の実施を求める陳情


以上3件が、関連する陳情です。陳情審査が注目されます。

続きを読む "鎌倉市6月議会「北鎌倉緑の洞門」" »

鎌倉市6月議会一般質問「不祥事について」

6月17にまでの6月議会一般質問で、上畠市議と渡辺昌一郎市議が、多発する不祥事に

ついて質問をしました。

市民から見れば、不祥事再発防止を松尾市長はじめ市の幹部が、真剣に防止のために

動いているとは考えられない答弁が続いています。



1.不祥事に対するスピード感がない。

  その証拠に元職員組合長であった職員の出勤データー改ざんについての告訴はいまだ

  にできていない。理由は、告訴の受理要件が満たせていないからと単なる事務処理遅れ

  の言い訳をしている。

  同じく、生活保護費盗難事件は、刑事事件であるにもかかわらず、市自身の調査が、今

  年度末までかかると言っています。



2.原因解明ができないから再発防止策も策定できない。

  議員などの提案に対しても聞く耳を持たない。

続きを読む "鎌倉市6月議会一般質問「不祥事について」" »

第三者委員会とは

企業であれ官であれ不祥事が発生すると第三者委員会を設立し、調査をするのが通例よう

だが、いったい第三者とは何なのかを考えてみたい。

最近では、舛添都知事の政治資金調査。東芝の会計不正。東電の第三者委員会の調査不

備など枚挙にいとまがない。


これらはすべて第三者委員会調査と言っています。

 

続きを読む "第三者委員会とは" »

山元信之氏のFACEBOOKコメント

山元信之さんは、何年か前の鎌倉駐在記者です。筆者が、鎌倉市の市政ウオッチしている

時に叱咤された若者記者でした。

山元氏FACEBOOK転載

「地方政治は中央政治に比べると明らかにメディアのチェックが効いていない。日本は地方から根腐れしている。だから、私は地域報道がやりたい」

15年前、就職活動で、私がエントリーシートに書いたことです。

「君のやりたいことはうちでは出来ないよ」

...

何社かの最終面接ではっきり告げられ、悔しい思いをしました。

健康診断の採血後でしたから、「実はやばい病気が見つかったのかな」としばらく不安でした。

実力が足りなかっただけなんですが笑

舛添さんの騒動を見るにつけ、地域政治に対するチェックが効いてないと痛感します。

都議会は醜態をさらしました。

メディアも同様です。

明治維新とは対極です。

地方自治体の職員の責任感もない。

市債を乱発し、国から補助金をじゃぶじゃぶもらい、わけのわからない道路や施設を造って

います。

国の補助金の一部は中共が日本国債という形で買っています。

伊藤博文など今で言えば市役所のアルバイトです。

奇兵隊は非正規雇用ですよ。

そういう人々が同一労働同一賃金なんて愚痴らず、国のことを真剣に考え、命を張った。

安倍総理は立派だと思います。

が、今回の舛添さんの騒動は日本が抱える構造的な問題だと私は思います。

国の将来に皆、向き合っていない。

国民一人一人の覚悟が問われています。

以上転載終わり。

続きを読む "山元信之氏のFACEBOOKコメント" »

平成27年度鎌倉市「ふるさとの寄付金の決算見込み」大赤字!?

2016年6月14日岡田市議FACEBOOK

昨年度の鎌倉市へのふるさと寄附金は約1.2億円、
鎌倉市から他市への寄附金は約4.1億円で、
実損失は約8千万円。不安的中で(゜◇゜)ガーン

バケツの底が抜けた

...

 一昨年以上前から鎌倉市でのふるさと寄附金の準備に取りかかり、経営企画部で検討を重ね、昨年七月から「ふるさと寄附金」の募集に取りかかりました。
 今年3月末までの鎌倉市へのふるさと寄附金は一億二千万円以上でした。
 ところが昨年一月から十二月までの間に鎌倉市民の方々が市外へ寄附した額は約四・一億円とのことで、約三億円の差が出来て、不安的中のびっくりした結果が出ました。

  実損は八千万円

 鎌倉市の市民税課によれば、実損はおおよそ八千万円とのことで、市税外収入の確保の予定が税収に穴を開けた結果になり、自らのふがいなさにガックリしています。

  死にものぐるいの
           努力が必要

 今まで主として鎌倉市のふるさと寄附金受け入れ体制の整備や組織の整頓を行っていましたが、結果がすべてですから、申し開きが出来ません。
 今年の行政のふるさと寄附金額獲得目標は二億円ですから、すでに市外へ二倍以上の金額が出ていることが分かった以上、行政における鎌倉市への寄附金額の努力目標を二倍以上に上げなくてはバケツに注ぎ込む水と出ていく水の差がゼロにはなりません。
 いや、それ以上にふるさと寄附金をしていただく工夫をしなくては話になりません。
 今後は粉骨砕身、力を傾注して市税外収入の確保に尽力していく決意を固めています。

  以上、報告します。

以上岡田市議FACEBOOKより転載

続きを読む "平成27年度鎌倉市「ふるさとの寄付金の決算見込み」大赤字!?" »

鎌倉市・白紙請求書問題の職員処分の広報

16061501_2

続きを読む "鎌倉市・白紙請求書問題の職員処分の広報" »

鎌倉市議会6月議会の3役と副市長決まる

平成28年6月議会が、2016年6月15日に開会しました。

冒頭に議長・副議長‣議選監査委員の3役と副市長人事案が上程されました。

1.議長は、中沢市議。26票のうち得票数14票。その他は、白票(無効票)。

2.副議長は、久坂市議。得票数15票。その他は、白票(無効票)

3.議選・監査委員は、長嶋市議。挙手による賛成多数。

4.副市長は、小磯・前都市整備部長。挙手による賛成多数。

続きを読む "鎌倉市議会6月議会の3役と副市長決まる" »

白紙請求書で職員処分   鎌倉市

2016年6月14日朝日新聞湘南版

R0020978

白紙請求書は、いつから始まったのかわからないほど、何十年もの間行われていた事務

処理です。鎌倉市行政のいい加減な事務執行を象徴するような出来事です。6月13日付で

職員処分を発表しました。

続きを読む "白紙請求書で職員処分   鎌倉市" »

舛添都知事の金の使い方   6   集中審議

2016年6月13日と議会総務委員会で舛添都知事の政治資金疑惑が集中審議されたが、

新たな進展はほとんど見られなかった。

その原因の一つは、自民党会派を含む議員の調査及び追及がなかったこと。もう一つは、

舛添都知事が、疑惑に対して真摯に説明をしなかったことが挙げられます。

続きを読む "舛添都知事の金の使い方   6   集中審議" »

鎌倉市6月議会・議長・副議長・監査委員選挙について

2016年6月13日議会代表者会議において中村聡一郎議会役員選挙推薦委員長より報告が

あり、会派よりの意見を取りまとめた結果、議長・中沢市議。副議長・久坂市議。監査委員・

長嶋市議。と報告されました。

6月15日本会議にて役員選挙が行われて、決定される予定です。

続きを読む "鎌倉市6月議会・議長・副議長・監査委員選挙について" »

舛添都知事の金の使い方    5  前・下村文科大臣が不信任やむなし

2016年6月12日TBS「舛添氏不信任案に自民賛成も、下村氏が認識示す」と報じています。

都議会共産党が、会期末6月15日に舛添都知事の不信任案を議会に出すと報じていること

からの発言です。

舛添都知事はどうするのか。15日前に辞任するのか。議会を解散するのか。

都議会共産党は間違いなく不信任案を議会に出すのか。



来週6月13日以降の都議会の動向を見守るしかない。

続きを読む "舛添都知事の金の使い方    5  前・下村文科大臣が不信任やむなし" »

北鎌倉「緑の洞門」の鎌倉市文書入手

鎌倉市教育委員会文化財部文化財課作成の下記文書を入手しました。

16061101_2
問題は、文書からすると鎌倉市は文化庁の見解通りに検討しないと言っている。

続きを読む "北鎌倉「緑の洞門」の鎌倉市文書入手" »

鎌倉市議会6月議会の動向

例年6月議会は、役選議会と言われ、議長・副議長・監査委員の3役と各常任委員会役員

の選出が行われます。

現在、中村聡一郎市議が、役員選挙委員長となり、事前取りまとめを行っていますが、さて、

6月13日開催議会運営委員会に役選の報告ができるのでしょうか。

来年4月には市議選があり、普通なら役選は、もめないはずだが...。

今回の役選は、いまだに決まっていない。ごたごたが続いているようです。

続きを読む "鎌倉市議会6月議会の動向" »

舛添都知事の金の使い方 4  都議会は辞任に追い込まない

昨日の総務委員会は、舛添都知事に対する集中審議を6月13日と6月20日に行うことを

決めました。今回定例会の会期は、6月15日ですから6月20日の総務委員会は、閉会中

審査となります。集中審議で問題が発生しても、本会議は開けません。すなわち、100条

委員会設置も不信任決議も出すことができません。



リオのオリンピックに舛添都知事が、出席する姿を国民はじめ都民は見ることになる。

続きを読む "舛添都知事の金の使い方 4  都議会は辞任に追い込まない" »

三菱UFJ銀「国債入札」の特別資格返上へ

2016年6月8日、日経「三菱UFJ銀「国債離れ」 入札の特別資格返上へ」と報じている。

日本国債の特別入札資格者は、現在、22社存在します。資格は、国債売却額の4%以上を

応札するのが条件の資格です。4%×22社=88%は、必ず売却できるということで、今まで

は、売却額を下回る応札はなかった。

三菱UFJ銀行は、日本のトップバンクであるが、国債応札義務のある資格は、返上する。

続きを読む "三菱UFJ銀「国債入札」の特別資格返上へ " »

舛添都知事の金の使い方 3  東京都議会代表質問

舛添都知事の政治資金の使い方で一番注目されているのは、お正月に千葉ホテル宿泊費

を会議費として計上していることです。

舛添都知事は最初「事務所関係者らと会議した」と言いながら弁護士調査では「出版社社長

に会っていた」と変わっている。自民党議会代表質問では「氏名は言えない」と答えて終わっ

ています。

続きを読む "舛添都知事の金の使い方 3  東京都議会代表質問" »

稲村ケ崎下水仮設復旧工事の発注書を入手

2016年4月14日に稲村ガ崎の崖の一部が崩落し、その後4月22日に周辺に埋まっていた

下水の圧送管が破損しました。

この圧送管は、鎌倉地域の約1万7,000世帯の下水を西部ポンプ場から七里ガ浜処理場に

送る管です。

1.2016年4月21日、国道134号線歩道に埋設されていた下水管が、歩道陥没のため

  露出した。

2.2016年4月22日下水管から下水が流出。

続きを読む "稲村ケ崎下水仮設復旧工事の発注書を入手" »

ティアラ鎌倉の記事にコメントが来ました!

2015年7月10日付記事「何度も言ってきたが再度言う  ティアラ鎌倉の補助金不必要!」

にコメントが来ました。

そのコメントは、

「ベッド数だけで断言するのはどうかと思います!
お産っていうのは、毎日決まった数予定通りに必ずあるってもんじゃないんです!
1日にたくさん重なる時だってあるんですよ!
鎌倉市はただでさえ子育て支援が薄過ぎて決して子育てしやすい街とは言えません!
これからの未来を担う赤ちゃんを安心して産める場をそう簡単になくすなんてナンセンス過ぎた考えですね…。
年寄りばかりに税金をかけるのではなく、これからの子どもたちにもっと手厚い補助(医療費、幼稚園等の費用)をお願いしたいです!」

鎌倉おやじは、ティアラ鎌倉について記事を多く書いています。

鎌倉市と鎌倉市医師会の改革を求める !?」や「鎌倉を取り巻く産科診療新設情報 !」

にも書いていますが、平成28年6月から栄共済病院が、産科診療を開始。13ベッド、年間分

娩数300を目標としています。

続きを読む "ティアラ鎌倉の記事にコメントが来ました!" »

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

無料ブログはココログ