« 舛添都知事辞任後の都政 | トップページ | PFI事業断念と寄付と公金現金管理について »

安倍首相は、日本の代表としてふさわしいか

2016年6月22日から参議院選が始まっています。参議院選の結果により日本の代表者を

決めるわけではないが、今後の日本政治を決めていくことになります。


安倍首相の政治方針とともに「人柄」「品格」について考えてみたい。


安倍首相は、次回オリンピック開催地を東京に決める前の日本国代表者としての演説で、

福島第一原発事故は、あたかも収束しているかの如く「原発はコントロール下にある」と

嘘の発言をしたが、福島原発の地下水を止めることができなく、原子力汚染の地下水が発生

し続けています。

安倍首相は、国会答弁などで、質問者の質問を非難したり、相手の質問権を阻害する行為

をよく見かけます。答弁者には、相手に対して質問はできません。相手の質問についてのみ

答弁するのですが、それができないときがあります。首相として国会ルールを守らず、恥ず

かしい人物です。

J-CASTニュース『「報ステ」党首討論が大荒れ「学級崩壊」状態 安倍首相側「演出は

卑怯」とテレ朝を非難』にも出ていますが、国の代表として、マナーがなっていない。

全く発達障害病のような言動は、大人げない。



番組終了が1分遅れたと非難する始末だ!!

安倍首相のアベノミックスは、「道半ばと言い、アベノミックスのエンジンをフル回転させる」

と訴えています。アベノミックスの中身は、日銀と連携する「財政ファイナンス」そのものです。

病気の時に一時的に使う「頓服薬」のようなもので、継続的に使い続けるわけにはいかない

処方箋です。ところが、フル回転させるというが、日本の財政を壊しかねない政策で危なっか

しい政策です。

政府が国債を増発し、日銀が買い支え、市中に金余り現象がはびこり、日銀当座預金金利

をマイナスにせざるをえなくなった。さらに、三菱UFJ銀は、国債優先買付権を財務省に返上

するという事態になっています。



これらは、アベノミックスの弊害そのものではないか。

今は国民の格差が広がっている。国民の所得が下がっているから、少子化になり、高齢者た

ちの比率が高くなっています。少子高齢者の社会福祉政策は、増大するばかりです。


高所得の個人や企業から税をとり、政治を行うしかない。

安倍首相は逆の政策を行っているのではないか。

 

« 舛添都知事辞任後の都政 | トップページ | PFI事業断念と寄付と公金現金管理について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

アベノミクスとやらは、安倍政権維持の手段のみ。何といっても金融操作のために大事な年金ぶちこみを45%にしちゃったんだよ、公務員の年金だけは温存して。今後安倍政権が続くともらえるはずの年金どうなるんだろね!何といっても罪深いのはメデイアだよ、御用メデイアはもとより官邸の圧力に屈してまっとうな報道をしない。かろうじてテレ朝、TBS系が踏みとどまってるが、参院選の結果次第で崩壊するだろう。日本の報道は戦前に逆戻り。国民は国家宣伝を鵜呑みにして、思考力なし。ヒトラーはラジオを武器とした。活字、映像、ネット、これだけの媒体がありながら今のおいら達は戦前と同じ道を行きかけるのか?少なくとも安部ちゃんのしゃべってることが 変 だと気付かないのかなあ、福島第一原発と甘利、このたった二つの後始末とったってあやつは日本を任せるに値しないと解るはずだ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/66198898

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相は、日本の代表としてふさわしいか:

« 舛添都知事辞任後の都政 | トップページ | PFI事業断念と寄付と公金現金管理について »

無料ブログはココログ