« 陳情「外部監査実施」と公共施設再編計画について | トップページ | 平成28年度6月議会最終日議決について »

「ティアラ鎌倉」から考える「出産」とは

「ティアラ鎌倉」設立当時は、鎌倉に出産できる医療機関は、湘南鎌倉総合病院しかなかっ

たが、今や多くの出産ができる医療機関ができ、「ティアラ鎌倉」が、民業圧迫になる存在と

なってきている。今まで、経済的な視点で言及してきたが、「出産」とは何ぞやという視点で

考えてみたい。

出産は、人類が存続するために必要な人間の行為です。女性にとって子供を授かれば、そ

れだけに喜びも大きい。

産院を選択するということは、女性の命がけの行為であるだけに、慎重にならざるを得ない。



一番の問題は、医療者が、責任が持つ体制で産院を運営している体制かです。


「ティアラ鎌倉」の場合は、医師会立と言っているが実態は、経済的な面ではという限定です

が、市立産院です。医療行為の責任は、医師会と産院医療従事者にある。





すなわち、私が言っている誰が事業責任者かわからない事業運営です。


他の民間産院の事業形態を見ると、医療行為も経営についてもすべての事業責任が、産院

にある。医療ミスを起こせば、その産院は、つぶれることも考えられる。しかし「ティアラ鎌倉」

の場合は、医療事故を起こしてもつぶれることはない。そこに安易な運営が行われ、現に、

民間産院の倍以上の経費をかけて運営していることからも判断できます。



「ティアラ鎌倉」は、医療面で事故を起こしかねない事業体制にあるということです。



市がこの事業を引き続き行うのであれば、市立産院として医療従事者も直接雇用し、事業

運営しなければならない。その意気込みがなければ、即刻やめるべきです。



このままでは、医療事故が起きる可能性がある。

 

 



鎌倉市民は、事業責任ある産院で出産すべきです。

« 陳情「外部監査実施」と公共施設再編計画について | トップページ | 平成28年度6月議会最終日議決について »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/66275033

この記事へのトラックバック一覧です: 「ティアラ鎌倉」から考える「出産」とは:

« 陳情「外部監査実施」と公共施設再編計画について | トップページ | 平成28年度6月議会最終日議決について »

無料ブログはココログ