« 藤沢市と鎌倉市の公金不始末比較 | トップページ | 北鎌倉トンネル仮設工事について »

大船駅北口再開発計画の完成が2年遅れる

2015年2月大船駅北口再開発が発表されていたが、7月28日神奈川新聞「大船駅北口再開

発、完成20年度に 建設費高騰で見直し」と、東急不動作を中心とする再開発組合が、完成

が2年遅れとなり、2020年と修正した。


鎌倉市が、大船駅東口再開発を都市計画決定したのは、1972年3月です。今から44年も前

の話ですが、バスターミナルとルミネができただけで遅々として進んでいません。相変わらず

計画の見直しをしているだけで、計画を業者に委託して無駄な公金を使い続けています。


今年任期切れになった滝沢副市長が、拠点整備部長時代に、事業計画がなく事業予算も計

上されていないのに、大幅な残業を職員がしていたので何のための残業かと指摘したことが

あります。再開発事業は、計画とともに、地権者との折衝があり簡単ではないが、大船東口

まちづくりのための大切な事業です。行政と職員が、汗をかかない限り達成できない。JR東

海道沿線で横浜以西平塚までを見ると、駅前再開発がなされていないのは大船だけです。

鎌倉市が、いかにだらしがないかの典型的な結果が、示された事業です。


大船東口地区は、鎌倉女子大・芸術館・三菱電機研究所などがあり、学術・研究・文化エリア

を構成するとともに、交通接点とした鎌倉の入り口。鎌倉市民の人の流れの集積点となって

いるだけに、まちづくりが重要だ。


大船駅は、鎌倉市と横浜市にまたがっている。西口と東口出口は鎌倉、北口出口は、横浜で

す。横浜側西口の設置が、望まれるところです。


鎌倉女子大生の多くが、北口(笠間口)を通行しており、東口乗降客が、通行する芸術館通り

通行人数より、北口乗降客が、通行する松竹通り通行人数が多いのではないかと思われ

る。大船駅周辺の東西道路のメインは、芸術館通りから松竹通りになっている。鎌倉市は、

芸術館通り同様に松竹通りの無電柱化を実施すべきだと考えます。


今回、横浜市により大船駅北口再開発が実施されますが、大船駅北口と高架橋により商業

施設・駐車場:8階建がつながります。人の流れが変わり大船駅鎌倉側の商業者売り上げ

が落ちるのが、明らかです。

« 藤沢市と鎌倉市の公金不始末比較 | トップページ | 北鎌倉トンネル仮設工事について »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/of-saikaihatsu/documents/h28_propo_kekka.pdf

最近決まったようだが、釈然としない。

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/of-saikaihatsu/kihonkeikaku-an.html

仲通りの商店街などどうなるのかは?だが、
願いがあるとすれば水害は避けられないので1階には店を置かないほうがいい、ということである。
買い物は雨にぬれずかつ開放感があればと思う。

そして駅前パチンコ屋はすべて他の土地に出ていってほしい。要らない。

西口に高層駐輪所ができるのは結構だが、完成図がどこにも示していないのが非常に気になる。
おやじさんはご存知ですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/66755908

この記事へのトラックバック一覧です: 大船駅北口再開発計画の完成が2年遅れる:

« 藤沢市と鎌倉市の公金不始末比較 | トップページ | 北鎌倉トンネル仮設工事について »

無料ブログはココログ