« 葉山町と鎌倉市の政治と決断 | トップページ | 連合と選挙 »

2016年7月参議院選挙  若者動向  地域動向

参議院選挙分析が、色々と出ていますが、若者動向と地域動向について考えてみます。

全般的分析には、朝日新聞「数字で見る参院選」を見てください。

1.若者動向

 ①なぜ、今回選挙から有権者年齢を18歳に下げたか。

   18~19歳の世論調査で自公に有利と判断したからです。

 ②「18・19歳の半数、比例区で自公に投票 朝日出口調査」からも投票結果が出ている。

 ③団塊の世代と違い、今の若者は、学生運動を見聞きすることがない。まして、経験してい

  ない。若者は改革を求めるという概念が、まったく変わってしまった。なぜか。


 ④筆者の偏見かもしれないが、若者の多くが、「いじめ」に遭遇して育っている。教師や友達

  も、見て見ぬ振りをする。助けようとすれば、「いじめ」が自分に降りかかるからです。

  教育の貧困が、大きな原因ではないか。国とともに日教組が、子供たちのことを考えず

  に、自分達の労働条件にしか努力しなかったからではないか。団塊の世代から見ると、1

  学級55人だったが、今や1学級は半分以下で、1学校は、昔の分校でしかない。今でも「子

  供たちがかわいそう」と言いながら、先生は、部活での拘束時間が長く、教育に時間がさ

  けないから人を増やせと言っている。昔の教師は、聖職者とあがめられたが、日教組を

  見ていると今や強欲な公務員としか見えない。

 ⑤国民所得が減り、父ちゃんの稼ぎだけでは、食べれないから母ちゃんもフルタイムで働く

  ケースが増えています。子供を育てる環境が悪化している。少子高齢社会に合った子育

  てシステムが求められている。子育てを国・自治体がサポートする時代です。

 ⑥今の時代は、「空気を読めない」と非難される。自分の意見が言えない環境です。一番多

  い意見に同調する風潮が出てきている。ネットで人気がある「飲食店」に長蛇の列がある

  にもかかわらず、並ぶなどは、典型的な例ではないか。



※ 若者には自分の意見が言えるようにしてほしい。

   意見は、調べて考えなければ言えない。



2.地域動向

 ①参議院選1人区は、東日本において秋田・栃木・群馬を除き野党が、勝利した。

  中京・北陸を含む西日本においては、三重・大分を除いて自民が勝利している。

 ②大阪・兵庫・奈良における比例において、野党第一党が、民進党でなく大阪維新の会

   になっている。3県における民進党の凋落は、ひどい。このままでは、このエリアの民進

  党が無くなる。

 ③東北地区は、東日本大震災・福島原発事故と過疎化による経済低下が、野党投票に

  つながった。

 ④沖縄では、野党が現職大臣を破っている。自民党の基地問題強硬策が、原因です。



※ 民進党は、政権交代後3度目の選挙でしたが、いまだに民意をつかめていない。

  選挙戦略が出来ていない。 中途半端でへたくそです。




  安倍首相は、8月以外にも7月17日から1週間の夏休み

  をとるという。前代未聞です。

  世界でテロが勃発しているというのに「はは!呑気だね

  ~」ときたもんだ!  野党はなめられている。

 参考

 『クロ現』降板の国谷裕子が問題の菅官房長官インタビューの内幕を告白! 「メディアが

 同調圧力
に加担」 との継承も

 

 同調圧力という言葉が、理解できる。  

 

« 葉山町と鎌倉市の政治と決断 | トップページ | 連合と選挙 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

とりあえず勝ったんだから、休みなんじゃないの。

民主党は官僚と米国に丸め込まれて内輪で殺し合いしていた。
中国に船ぶつけられたとき、まともな外交を行わなかった。
議員でいたいだけの維新の受け入れ、
民進党なんて名前変えてとにかく節操がない。

大阪維新は良くも悪くも大阪を変えたいひとかたまりですから、
そりゃ訳の分からん民進党より得票するでしょう。

民進党最大の欠点は外交ですよ。
このビジョンがない。

http://lite-ra.com/2016/07/post-2421.html

この有様で、若者が政治的発言すると思いますか。
政治的な人間は社会的制裁を食らうのです。
ぜんとゆうぼうな若者がソンな馬鹿なことをするわけないでしょう。

花子さんに賛成。

朝日新聞の記事なんて信じているの? 教育、教師を批判しているだけ。鎌倉おやじ様は安部総理が嫌い、自民党が嫌いなようですね。野党が政権を取れば日本はどうなりますか?

花子さんに賛成だけど、選挙はさ、投票所で書くだけだから、やっぱり若者が変わってるんだろうな、、、。めんどっちいことはやだ みたいな単純な理由で。昔ノンポリっていたんでしょ?今の若者はノンポリほどの意識も無いと思うよ。寄らば大樹って気分だけは持ってる。苦学生や貧困若者はそもそも選挙に行く気がない、政治に無関心。自民にとって国民がノー天気なほど有難いことはない。極右、パンツドロ、変質者、斡旋利得 がとりまきのトップにはとりわけ嬉しい現象です。


●若者は朝日新聞を読まず、NHKを見ないので、自分で判断するのでしょう。

団塊世代以上の人々は、朝日新聞の偏向記事及びNHKの偏向報道を盲信する結果だと思います。

中国・韓国のプロパガンダ機関になりさがっているマスコミが日本のガンです。


●ご存知ですか?自民党比例区第2位当選!!

青山繁晴「参院選・魂のラスト演説!」大阪難波・高島屋前

→https://www.youtube.com/watch?v=ThnSrD5MGK0

例年取っている8月の夏休みを7月にずらしただけじゃねーのか?

「ネットで人気がある「飲食店」に長蛇の列があるにもかかわらず、並ぶなどは、典型的な例で」
これは関東だけだと思う。
すくなくても関西のおばちゃんはしない。

青山の演説は日本人ならなるほどと思わせるほど上手いけど、
現実的ではない。
自衛隊以上に官民の情報機関を充実させるべきだと思う。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/66548558

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年7月参議院選挙  若者動向  地域動向:

« 葉山町と鎌倉市の政治と決断 | トップページ | 連合と選挙 »

無料ブログはココログ