« 松尾市長の北鎌倉隧道に対する考え方わかる文書入手 | トップページ | 藤沢市と鎌倉市の公金不始末比較 »

政務活動費不正    児島元徳島県議会議長を起訴

ABCニュース「【徳島】政務活動費不正 児島元県議を在宅起訴」と報じています。

徳島県議会議長も務めた児島勝元県議(64)が26日、県議在職中に政務活動費(2012年度以

前は政務調査費)計約560万円を不正受給した罪で徳島地検に在宅起訴された。児島被告

は政務活動費の不正が発覚した後、議員を辞職。市民団体の告発を受けた警察が、自宅を

捜索するなど捜査を進めていました。



この報道を見ると、鎌倉選出の中村県議と同じ事例です。

どちらも政治活動費を一部返還しており、違うのは、県議会議長をしていた徳島県議は、辞

職しているが、中村県議(元県議会議長)は辞職していないだけです。

政治活動費の不正が、兵庫県、富山県、徳島県と続いて発生しているが、全て県議が辞職し

ています。なおかつ、兵庫県と徳島県は、起訴されており、兵庫の野々村元県議の場合は、

有罪判決が確定している。

中村県議の場合は、

県議会が中村県議に対して辞職勧告決議も出さず、不問に付したままです。

神奈川県議会自民党県議団は、これを放置するのか。

神奈川県民は、横浜地検の判断を待つしかないのか。

« 松尾市長の北鎌倉隧道に対する考え方わかる文書入手 | トップページ | 藤沢市と鎌倉市の公金不始末比較 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント


【拡散希望】2016/8/3 10:00 藤沢市議会議員全員協議会開催

藤沢市教育委員会学校給食課職員による給食費の着服の件の対応について

お詫びとお知らせ (PDF 120KB)→http://shigikai.city.fujisawa.kanagawa.jp/voices/GikaiDoc/attach/Oshirase/Oshi44_owabitoosirase.pdf

市長に対する申し入れ書 (PDF 74KB)→http://shigikai.city.fujisawa.kanagawa.jp/voices/GikaiDoc/attach/Oshirase/Oshi45_mousiire.pdf

コメント:監査委員は何をしていたのでしょうか?

自民党から抜けたので、もういいと思っているんでしょうか。ふざけた話です。

長い間、公金で食べてきた人はなかなかやめないねえ、、。辞めたらほかに食っていく道ないんだろうね。それでも恥を知ってれば辞職するだろうが、辞めた地方議員もいずれ又復活するんじゃない?そうなりゃ復活させた有権者がバカなだけ。小池新都知事も当選したとたんにトーンダウン。その内オリンピックの巨額利権議員連中からいくらか掴まされて公約どころかあれれ?の有様になるのでは?見物だね。ほんとに当選する前の公約通りなら議会の予算は通らないわ、議事は進まないわで混乱だけど、そこは上手く手打ちだな。桝添よりましってことか?いやせこい桝添よりもっとあの手の金儲けは上手いかも。

では、自民党県議団は具体的にどうやったら辞職させることが出来るのですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/66714696

この記事へのトラックバック一覧です: 政務活動費不正    児島元徳島県議会議長を起訴:

« 松尾市長の北鎌倉隧道に対する考え方わかる文書入手 | トップページ | 藤沢市と鎌倉市の公金不始末比較 »

無料ブログはココログ