« 富山県議会・前副議長辞職へ  鎌倉選出・中村県議は辞職していない! | トップページ | 2016年7月参議院選挙  若者動向  地域動向 »

葉山町と鎌倉市の政治と決断

「葉山町の細川事件」と「北鎌倉円覚寺結界尾根とトンネル」について考えてみたい。

葉山元細川町議の失職は、外部有識者の自治紛争処理委員の意見書を基に、黒岩知事

が、葉山町議会が失職に当たると判断したことは、間違いだと決断した。

今度は、町議会が、細川町議に対していかに対応するかです。たとえば、細川町議を除名

できないとなれば、葉山町民がどうするかの決断することになると考えます。

鎌倉おやじは、葉山町民が議会解散に動くべきと考えますが...。

かたや、鎌倉の場合は、文化庁がトンネルがある尾根は、文化的価値があると判断し、第三

者の委員による文化財専門委員会を開き、審議を求めた。鎌倉市文化財専門委員会は、

尾根ついて文化財価値を認め、史跡とすべきと判断。トンネルについても、市民に親しまれ

た文化的価値があり、景観からも残すべきと判断した。北鎌倉トンネルは、都市整備部や文

化財部の恣意ある判断に対して市民から怒りの保存運動がおきています。

鎌倉市は、これまで尾根は壊されており、文化財価値はない。トンネルは、安全上から開削

すべきと判断していたが、文化財専門委員会から保存を求められています。

  北鎌倉「緑の洞門」を守る会からのメールでは、

1.7月5日(火)に雲頂庵にて、鎌倉市長も参加して会合が持たれた事実およびその内容が

  町内会に回覧され、公になっています。

2.都市整備部道路課が事務局として運営した「北鎌倉駅裏トンネル安全協議会」がトンネル

  開削を承認した。その会長を務めた辻氏などが役員をしている「山ノ内地区町内会協議

  会」について

  「7月6日(水)から、山ノ内地区町内会協議会(辻政治会長、8町内会で構成)の乱脈な財

  政運営、規約違反など不正常な現状を明らかにする文書が地元町内に回覧され、オープ

  ンに広まっています。」と報告が来ています。

  鎌倉市と円覚寺・雲頂庵並びに市と一緒にトンネル開削を進めた町内会役員の醜聞が、

  聞えてきています。

  あとは、松尾市長の決断にかかっています。

  トンネル開削を強行すれば、松尾市長の政治生命に係る

  ことになりかねないとともに、一生、松尾市長がトンネル

  を壊したと言われ続けることになるでしょう。

« 富山県議会・前副議長辞職へ  鎌倉選出・中村県議は辞職していない! | トップページ | 2016年7月参議院選挙  若者動向  地域動向 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


【拡散希望】2016/7/18(坊ちゃん葉山ブログ)現行法の議員の身分保障の壁 議会、住民は何ができるのか、何をすべきか

http://blogs.yahoo.co.jp/bluesheetfarmer/42738191.html

【拡散希望】2016/7/19(坊ちゃん葉山のブログ)現行法の議員の身分保障の壁-2 誰一人正面から立ち向かう議員はいないのか!

http://blogs.yahoo.co.jp/bluesheetfarmer/42741006.html


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/66541498

この記事へのトラックバック一覧です: 葉山町と鎌倉市の政治と決断:

« 富山県議会・前副議長辞職へ  鎌倉選出・中村県議は辞職していない! | トップページ | 2016年7月参議院選挙  若者動向  地域動向 »

無料ブログはココログ