« 平成28年度6月議会最終日議決について | トップページ | 職員定期券不正受給発覚  16名処分  記者発表なし »

稲村ケ崎下水仮復旧工事のその後

2016年6月鎌倉市議会・建設常任委員会において仮復旧工事後の報告がありました。

国道134号線歩道に仮設塩ビ管が転がされており、日射による熱膨張により下水が流失し

ないように「よしず」を設置したと報告がありました。

実験の結果、この方法が、一番効果的だったとのこと。

あとは台風が来て仮設管が壊れないことを祈るばかりです。

20160625k2

« 平成28年度6月議会最終日議決について | トップページ | 職員定期券不正受給発覚  16名処分  記者発表なし »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/66305721

この記事へのトラックバック一覧です: 稲村ケ崎下水仮復旧工事のその後:

« 平成28年度6月議会最終日議決について | トップページ | 職員定期券不正受給発覚  16名処分  記者発表なし »

無料ブログはココログ