« フランス・ニース姉妹都市50周年訪問旅行中止 | トップページ | 松尾市政の情報隠ぺいが進んでいる!! »

コンプライアンス推進参与の設置

8月29日松尾市長記者会見において「コンプライアンス推進参与の設置が発表された。

市長の説明によると「昨年以来、本市では様々な不適切な事務処理が相次いで発覚してい

ることから、職員の意識改革を促し、不祥事の未然防止を図ることにより、市民の皆様から信

頼される組織づくりを推進するため、新たにコンプライアンス推進参与を設置いたします。」

とのこと。



鎌倉市の現状は、不祥事を見ると組織のガバナンスがなく、職員のコンプライ

アンスは、崩壊している。

コンプライアンス推進参与の主な職務

①職員のコンプライアンス意識の醸成に関すること

②組織風土の改善に関すること

③コンプライアンス違反未然防止に関すること

④その他コンプライアンスに関すること

これらは、職員意識改革に関することだが、これだけでは改善できない。



もはや職員に対する「必賞必罰」しかない。




不祥事の発生理由を考えると、職員の都合によるコンプライアンス無視です。

昨年来の不祥事での生活保護費の紛失は、内部調査でいまだに紛失理由がつかめていな

い。さらに紛失額も確定できていない状態で、不祥事の終わりが見えない状態です。


職員の不祥事発生のたびに市長・副市長・総務部長などは、職員の意識改革に努めると言

いました。そのたびに研修費を計上し研修を実施してきたが、不祥事は止まらない。今回も

職員の研修費計上を聞くとムダ金だと思ってしまいます。



  職員の「必賞必罰」について

1.職員の昇格降格の明確化

2.賞の基準作りとともに罰の基準が大切

3.職員給与に「必賞必罰」をリンクさせる



松尾市長は、もうすぐ2期目の8年目を迎えようとしています

 

が、「必賞必罰」については悲しいことだが、出来ないと思い

 

ます。



こんなことでは不祥事は止まらない!

 

« フランス・ニース姉妹都市50周年訪問旅行中止 | トップページ | 松尾市政の情報隠ぺいが進んでいる!! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コンプライアンス研修費って何?仕事するのにやっちゃいけない事をいまさら教えるの? そんな職員ばっかり採ってんのか?おやじさんの云うとおり、罰則を明確にして確実に適用する方が効き目あるだろうね、人の金預かってるってとこは銀行も同じだけどさ、鎌倉市役所的不祥事があるとあっという間に左遷だよ、良くて左遷、(銀行の体面考えて)。いやーやっぱ首だな、公金ドロだもん。どうする?市議会議員の皆さんよ。


コメント:費用どれくらいなのでしょうか?

(参考)藤沢市平成28年9月補正予算:再発防止再構築等外部評価謝礼金

藤沢市平成28年9月【補正事業概要】

 本市職員による公金等の私的流用が続発していることから、市長を本部長とする「不祥本再発
防止策再婢築等本部会議」を設置し、人・組織、事務執行、管理体制、人事配置等の課題検証、
及び全庁を挙げた再発防止策の再構築等に取り組む。検討にあたっては、内乱の視点と共に、外
祁観点の評価も加えて課題の抽出や再発防止策の策定を行うため、外部有廠者(弁護士、公認会
計士等)に評価を依頼する。

  1、再発防止策再構築等外祁評価謝礼金(報償金)      300千円
   20,000円×3名×5回=300,000円


  <発覚した私的流用に対する取組>
   平成27年6月再発防止検討会議の開催、庁内の公金等取扱状況調査の実施
   平成28年4月再発防止検討委員会の設置、業務に潜むリスク再点検の実施
   平成28年7月不祥事再発筋止策再構築等本部会議を設置

市長減給が普通なのに、それがないから、無責任なまま。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/67273134

この記事へのトラックバック一覧です: コンプライアンス推進参与の設置 :

« フランス・ニース姉妹都市50周年訪問旅行中止 | トップページ | 松尾市政の情報隠ぺいが進んでいる!! »

無料ブログはココログ