« 「速報」 横浜地裁、県に中村省司県議政治活動費返還を命じた! | トップページ | 鎌倉市と藤沢市の不祥事に対する違い »

中村県議政治活動費返還訴訟  鎌倉市民(原告)全面勝利

R0021029

 (東京新聞記事)


中村省司県議は、9期に及ぶ神奈川県議会議長も務めた鎌倉選出の長老県議です。

この件に関する経緯

鎌倉市民が県監査委員に対して住民監査請求をし、監査委員は、HP作成費については、返

還命令を出し、中村県議は、約200万円を返還した。しかし、「県政レポート」印刷費などは

認めなかったので、横浜地裁に提訴したものです。


「県政レポート」印刷は、中村県議後援会などの会計責任者を務めている鎌倉市の印刷会社

社長が、印刷したことになっていたが、地裁は印刷した事実はないと退けた。

問題点

1.県監査委員の裁定に対して違法と判断した。監査委員の責任問題となる。県は控訴でき

  るのか。

2.原告は、横浜地検に刑事上の告発をしている。行政裁判において地裁は「県政レポート」

  の印刷事実は、否定している。中村県議と印刷会社及び会計責任者に対する詐欺・横領

  の疑いが、深まった。地検の判断が待たれる。

3.中村県議は、政治活動費の情報公開に積極的でない発言をしていた。中村県議は、辞任

   しないでいつまで県議を続けるつもりか。

4.神奈川県会は、中村県議に対して辞職勧告決議もしていない。自民党県議団も中村県議

  の離党を認めており、除名処分ではない。今後、自民党県議団と県連が、どのような判断

  をするか。東京都議会が話題になっているなか、神奈川県会は、動くのか。

R0020931_2


中村省司県会議員さまへ

 

中村政治の標語通り「住んでよかった 訪れて良かった鎌倉」を実現する


ために...。
 



鎌倉は「武家政治発祥地」です。潔く、辞任してください。

 

 

« 「速報」 横浜地裁、県に中村省司県議政治活動費返還を命じた! | トップページ | 鎌倉市と藤沢市の不祥事に対する違い »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

藤沢市議会議員ブログより転載


学校給食課職員による給食費の着服問題で、市議会・全員協議会が開かれました。

今日は、学校給食課職員による給食費の着服問題で、市議会・全員協議会が開かれ、10時から3時半まで、11人が質疑しました。わが団では、土屋議員と柳沢議員が質問に立ちました。冒頭、市長、教育長のお詫びのことばがあり、小林教育次長より、資料に基づいての説明報告がありました。以下、私が重要と思った質疑の中でのポイントにつき記します。明日の神奈川新聞に載るのではないかと思います。
1.2014/3の議会質疑で業者への未払いが3-4か月あることが指摘されていたのに、調査されずに放置されていた。
2.2015/4月からの私会計から公会計に移る際にも、一年前の指摘があったにも関わらず、未払いが残っていたかどうかの点検がされていなかった。
3.鈴木市長になってからの処分を伴う不正事件の数は、免職5人を含む懲戒処分が16件・28人にも上っていること。
4.こうした公金ではない、準公金を扱う職場は81職場で、300の会計があった。合計額は1.6億円で、1600万円というのもあるとのこと。これについては運用要綱を2016/4につくり施行した。
5.今回つづいた2件の不祥事件は管理職の横領であり、市長の責任は重い。
6.二人でやっていた仕事を育休の時に臨時職員でやっていたが、それがそのまま一人の仕事に任せられていた。
7.公印の押印が一人の人がやっていたことは許されない。
8.6470万円の未払い金。通帳上では7200万円の使途不明金があったこと。
9.今後の対応として、弁護士など外部評価委員会も立ち上げるとのことだが、こうした第三者機関の役割が大切である。
 ―まだたくさんあります。市長など管理者の処分などについては、今後さらなる調査を待って9月定例会以後になるもようです。なお、当該職員は7/28付で懲戒免職・退職金返還となります。当面業者の方には国家賠償法の規定により、市税での補正が組まれ、その後、本人への債権回収とのことです。

政治活動費⇒正しくは、政務活動費

角田晶生は中村省司県議の会合に一般参加しているが正直残念
日本維新の会 時代の水戸まさしにも接触し
日本の心をなんとかの党と極右団体 維新政党新風を2重籍。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/66833298

この記事へのトラックバック一覧です: 中村県議政治活動費返還訴訟  鎌倉市民(原告)全面勝利:

« 「速報」 横浜地裁、県に中村省司県議政治活動費返還を命じた! | トップページ | 鎌倉市と藤沢市の不祥事に対する違い »

無料ブログはココログ