« 鎌倉市と藤沢市の不祥事に対する違い | トップページ | 鎌倉市議会総務委   現金取扱についての報告 2 »

鎌倉市議会総務委   現金取扱についての報告 1

2016年8月4日鎌倉市議会総務常任委員会協議会が開催され「公金等の保管状況実態

調査について」の資料1資料2が、報告されました。

この調査は、生活保護費の紛失に伴う質疑の中で議員から指摘があり会計管理者が、答弁

できなかったことから調査がなされ、報告されたものです。



公金等の保管状況実態調査について

1.出納員が配置されている課:43課。調査先:本庁舎26課。本庁舎外17課。

2.釣銭

  本庁舎  :10課。527,000円。キャビネット保管1課。

  本庁舎外:13課。1,546,000円。キャビネット保管6課。

3.前渡金

  9課。5,773,120円。キャビネット保管3課。

4.切手・はがき(明細なし)

  本庁舎  :41課(金庫5課。キャビネット保管36課)。

  本庁舎外:17課。

5.未調査 

 ①切手・はがき。②準公金32課(講座名・通帳数)③高齢者いきき課(遺留金品・預り金) 

 ④鎌倉市と名前が付いた職員用口座65口座(講座名・通帳数)。 

※ 名称が公金等の保管状況実態調査と書いていながら未調査があり、不完全な報告

 す。恥ずかしくないですか。鎌倉市役所にある金品はすべて調査すべきだ。


※ 各課で釣銭と前渡金がある場合には釣銭用金庫と前渡金金庫は別々にしてほしい。 

   前渡金は毎月精算。釣銭は年度毎清算。釣銭は、少なくとも3ヶ月毎に。上場企業など

   の組織は、3カ月ごとに決算して発表している。


※ 渡辺副委員長が、1年前に鍵付きチャビネットで生活保護費を紛失しているのに、いま

    だにキャビネット保管している。性悪説で管理してほしい。いつまでに金庫を整備する

   のか
と追及した。同感です。危機感がない。



※ 改善策提案

   職員にできるだけ現金を取り扱わせるな。人件費ほど高いものはない。取り扱わせる

   から、ダブルチェックが必要になる。売り上げと入金は、データーのデジタル化、毎日送

   信。取り扱いは、機械にや
らせる。例えば、スーパーのレジを設置し、金銭を挿入すれ

   ば、釣銭が出る。




議会に報告する前に直属上司副市長は、チェックしたのか。

« 鎌倉市と藤沢市の不祥事に対する違い | トップページ | 鎌倉市議会総務委   現金取扱についての報告 2 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/66852944

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市議会総務委   現金取扱についての報告 1:

« 鎌倉市と藤沢市の不祥事に対する違い | トップページ | 鎌倉市議会総務委   現金取扱についての報告 2 »

無料ブログはココログ