« 地方自治体会計のいい加減さは許されない | トップページ | 歴史学会11関係団体が北鎌倉トンネル開削に反対する声明 »

JR村岡新駅建設費が1.5倍になる

神奈川新聞「村岡新駅の建設費、想定の1.5倍見通し 藤沢市、鎌倉市に大きな痛手」と報じ

ています。この駅は藤沢市と鎌倉市の請願駅と言うことで、費用の大半を両市が負担すると

いう。ところが、JRは、新駅近くの藤沢市側に湘南貨物駅跡地があり、鎌倉市側には、深沢

開発地区にJR大船工場跡地を保有している。JRにとって駅ができれば、地価が上がり、貨

物駅跡地はショッピングエリアになる。工場跡地は、マンション建設が計画されています。す

なわち、新駅ができることにより、JRに膨大な利益が転がり込む。



鎌倉市民は知らないかもしれないが、JR大船駅東口と西口を結ぶ高架橋の通路部分とエス

カレーター、エレベーターの建設費と維持メンテナンスは、市が負担している。これらは鎌倉

市の市道扱いになっている。JR東日本がやっているわけでは無い。


首都圏のJR東日本の駅や周辺でのグループ企業が「エキナカ」や「ショッピング店舗」で稼い

でいる。鉄道会社と言うよりあたかも小売業のさまを呈している。



JR東日本は、私企業とはいえ、鉄道と言うインフラを担う



公益企業です。



新駅ができれば、利益が転がり込むだけに応分の負担を



するべきです。

« 地方自治体会計のいい加減さは許されない | トップページ | 歴史学会11関係団体が北鎌倉トンネル開削に反対する声明 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


神奈川県も藤沢市も鎌倉市も何十年無駄な予算を使っています。

人口減少時代に、今後も使い予算を使い続け、事業継続する必要があるのでしょうか?

利権絡みの(仮称)村岡新駅建設事業は、即、中止すべき!!

これから50億円づつ負担するならば、もっと、優先すべき事業が県、両市にはあるはずです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/67319284

この記事へのトラックバック一覧です: JR村岡新駅建設費が1.5倍になる:

« 地方自治体会計のいい加減さは許されない | トップページ | 歴史学会11関係団体が北鎌倉トンネル開削に反対する声明 »

無料ブログはココログ