« 中村県議の政治活動費裁判その後 | トップページ | 9月議会  松尾市長  報酬を減額すると明言 »

地方自治体庁内メールは公文書   大阪地裁判断

毎日新聞「橋下氏庁内メールは公文書 非公開取り消し」と出ている。しかし『服部弁護士は

全メールの開示の義務付けも求めたが、判決は「市条例で定めた非公開情報が含まれてい

る可能性が否定できない」と退けた。』とあります。

しかし、大阪地裁は、情報公開を一歩進めてくれた。

ハフィントンポスト「東京都と舛添要一氏がひた隠しにした「黒塗り資料」がついに一部公開!

海外出張予算、その驚愕の内容とは」には、小池都知事が「情報公開」を掲げて当選した小

池効果が早速出ています。

さらに、新豊洲市場建設に関する「盛り土」など新たな疑惑が出てきています。

これら「情報公開」と「説明責任」に関しては、小池都知事に期待したい。

鎌倉おやじは、鎌倉市政を通じて地方政治をウオッチしてきたが、「情報公開」と「説明責任」

が、鎌倉市だけでなく、全国の地方政治に波及することを願っています。

今は、マスコミが、東京都政を取り上げていますが、全国の地方政治を調べれば、どこから

でも「出鱈目なこと」は出てきます。



マスコミが動くかどうかで、地方政治を浄化できるかが、

かかっています。

« 中村県議の政治活動費裁判その後 | トップページ | 9月議会  松尾市長  報酬を減額すると明言 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【お知らせ】横浜地裁 第502号法廷 原告:鎌倉市民 被告:鎌倉市

2016/11/30(水) 13:15 判決言渡予定  差し戻し裁判(鎌倉山開発問題)

平成28年(行ウ)第1号 開発許可処分取消請求事件

2016/11/16(水) 10:30 第6回口頭弁論(結審?)

平成28年(行ウ)第2号 北鎌倉随道開削工事公金支出等差止請求事件(緑の洞門問題)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/67427414

この記事へのトラックバック一覧です: 地方自治体庁内メールは公文書   大阪地裁判断:

« 中村県議の政治活動費裁判その後 | トップページ | 9月議会  松尾市長  報酬を減額すると明言 »

無料ブログはココログ