« コンプライアンス推進参与の設置 | トップページ | 鎌倉松尾市政は、総論と各論が違い過ぎる。 »

松尾市政の情報隠ぺいが進んでいる!!

1.不適切な事務処理に関する調査委員会の非公開

2.ティアラ鎌倉運営協議会の非公開



不適切な事務処理に関する調査委員会

8月31日開催「不適切な事務処理に関する調査委員会」が非公開となったと長嶋監査委員

(市議)ブログ「ゆるせない、超隠ぺい体質、監査委員軽視の鎌倉市役所」に書いている。

長嶋市議は、6月議会で監査委員に就任しており一般市民ではないが、傍聴を拒否された。

松尾市長が、議会に調査委員会を報告した時に調査委員会は、公開すると明言していた。



そもそも昨年9月議会において「期限切れワクチン誤接種」と「白紙請求書」が発覚し、昨年11

月に調査委員会が設立され、5月には調査を終了し結論を出すことになっていた。ところが、

昨年8月に「生活保護費の紛失」が判明していたが、今年になって市が公表し、この調査委員

会で調査することになり、来年3月末まで調査期間を延期することになった。

現状、白紙請求書だけは、職員の処分を行い、決着させた形だが、市長など理事者の処分

はしていない。前・滝沢副市長は、退職してしまった。退職金を全額支給するつもりだろう。

発覚してから「期限切れワクチン誤接種」は、1年。「生活保護費紛失」は。1年半も経過する

が、結論が出ていません。不祥事解明に対する危機感がなく、チンタラチンタラしている。

挙句の果てに、生活保護費については、内部で解明できずに、警察に捜査を依頼している。


鎌倉市政にとって不祥事解明は、市政改革に踏み込むため



には最優先事項であるが、トップ
の資質問題である。

 


ティアラ鎌倉運営協議会

鎌倉医師会立産科診療所運営協議会は、通常年2回開催され、公開していたが、今回8月末

に開催された運営協議会は、非公開となった。

協議会事務局が、平成26年度から市の市民健康課から医師会に変更になりました。医師会

HPに議事録等を掲載することになっているが、27年度第一回の議事録までしかなく、資料が

添付されてない。それもアップされたのが、今年の8月9日です。

鎌倉市医師会の運営については、昨年9月議会で「期限切れワクチン誤接種」と「白紙請求

書」の問題が発覚している。さらにその後もワクチン誤接種が続いている団体です。



医師会の運営責任者である会長以下理事者に問題がある


のではないか。


健康福祉部の指導が必要です。

 

« コンプライアンス推進参与の設置 | トップページ | 鎌倉松尾市政は、総論と各論が違い過ぎる。 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/67285796

この記事へのトラックバック一覧です: 松尾市政の情報隠ぺいが進んでいる!!:

« コンプライアンス推進参与の設置 | トップページ | 鎌倉松尾市政は、総論と各論が違い過ぎる。 »

無料ブログはココログ