« 鎌倉市生活保護費事件    職員現金持ち帰り判明 | トップページ | 我がタイガースと大相撲大関・豪栄道 »

富山市議会・政治活動費不正取得

朝日新聞記事

R0021073_2
富山市議会の政治活動費不正取得は、とどまる気配はない様だ。岡村富山市議(自民党)に

も架空請求があった報じている。また、富山県自民党県連が、市町村議員会派に政治活動

費領収書のネット公開を要請した。

政治活動費の支給

1.年額支給額を年度の頭に支給し、年度末後に精算する。

2.議員個人に支給する場合と会派にまとめて支給する場合がある。

問題は、政治活動費を前渡していることから不正が起こるのではないか。使った毎に請求す

れば、返還することもなく、架空請求もなくなるのでは?



朝日新聞記事「富山・政活費問題 辞職の元市議長」の見出しにある

 

『「老後が心配」5年前から不正』『気軽に始めたら簡単だった』が、実態を表して


いる。

 


中川氏は、正直な人です。問題は、簡単に不正できたと言っている。議員のレポートなどの

印刷・配布費や会合での飲食・茶菓子で不正が行われていた。富山市や議会事務局の

チェックがなかったと同様です。領収書だけでなく根拠となる資料添付を求めるべきではない

か。議員年金制度は、地方政治を二元代表で行っている以上、議員も地方公務員であり、検

討すべきです。

富山市議会政治活動費不正の発端は、北日本新聞記者の調査報道です。そこから不正議

員が多く出てきて全国紙が取り上げています。地方紙記者の地道な活動が実を結んだ。

鎌倉市政メディアも、どちらかと言えば、全国紙の活動が鈍い。東京都政についても小池都

知事出現までは、メディアの発信が少なく、巨悪が隠れていたのではないか。


メディアの監視と発信がいかに大切かを感じさせられた。


神奈川県下の地方政治は、富山県より遅れているのでは?

鎌倉選出中村県議などを見ていると、県、県議会、自民党県連は、何をして

いるのか。


放置することは、許されない!!

« 鎌倉市生活保護費事件    職員現金持ち帰り判明 | トップページ | 我がタイガースと大相撲大関・豪栄道 »

地方政治」カテゴリの記事

コメント

県議会も最低です。不正議員を野放しにしている。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/67563089

この記事へのトラックバック一覧です: 富山市議会・政治活動費不正取得:

« 鎌倉市生活保護費事件    職員現金持ち帰り判明 | トップページ | 我がタイガースと大相撲大関・豪栄道 »

無料ブログはココログ