« 黒岩神奈川県知事退職金は、全国一位  月額給与は全国二位 | トップページ | 富山市議会・政治活動費不正取得 »

鎌倉市生活保護費事件    職員現金持ち帰り判明

毎日新聞「生活保護費・鎌倉市50代職員、3万8000円持ち帰る /神奈川」と報じている。

9月15日この事実を発表するとともに、9月16日市議会観光厚生常任委員会に報告した。

  質疑の主な内容

1.当該職員は、生活保護費受給者の領収書を偽造し、市から告訴されている。今回、その

  職員が供述して判明。すでに紛失が判明した265万円とは別である。

2。38,000円は、引っ越しして受給資格が無くなった受給者が、アパートの敷金の返還を

  受けて分割返済していたものです。

3.現金持ち帰りの実態は、何年間にもわたり行われていたが、市の説明では、まるで裁判

  官のごとく、お金を返還しており使ったのではないから、違法とは言えないと答弁した。

4.生活保護費紛失期間の管理職は、2名いる。1名は、次長職に昇格していたことが判明。

  市の人事管理及び昇格に際する調査などが機能していないことが判明?


  違法かどうかの判断は、司法が決めることで鎌倉市ではない!!


市は、当該職員の領収書偽造行為を違法と判断し、警察に告訴しているが、お金の持ち帰り

は、返還したから違法ではないと判断している。



市は、生活保護費の返還について公金であることを忘れているのではないか。




公金の収納は、財務規則にあり、違法ではないか。それも、うっかりミスと言える数日間では

ない。当該職員は、領収書偽造と返還金入金の重犯だと考える。さらに、職員が、上司に受

給者との返還についての話し合い結果を報告や受給者管理台帳に記載していないなどが想

定される。生活福祉課の管理体制に不備がある。


民間ベースで考えると

銀行員が、お客から預かったお金を銀行に入金しなかったのと同様です。銀行員が取り扱う

お金は、公金と同様に自分のお金ではない。一般的に考えると銀行が、銀行員を処罰しない

とは考えにくい。処罰しない銀行には、お客は、取引しないからです。

市は、現金の取り扱いを出納員に限定している。現金の取り扱いを出納員以外にやらせた

ことが原因である。会計管理官や委任を受けた福祉総務課の職務放棄及び怠慢による管理

責任が大きい。と同時に、生活保護費盗難・紛失に係わった下手人は、弱者の生活を守る最

後の砦である生活保護費をちょろまかすということは、「ゲスの極み」であり公務員失格。人

間として最低。

管理監督者は、不正が起きない環境を作る責任がある。それをできる環境を許した責任の方

が、大きいとも考える。松尾市長・前滝沢副市長・健康福祉部長が、責任者です。

業務監査を行う監査委員の責任もある。


生活保護費受給者の領収書や保護費が生活福祉課に存在すること自体がおかしい。本来

は、委任を受けている福祉総務課に保護費や領収書があるはずである。

福祉総務課は、健康福祉部カウンターにあるべきであるが、そうでないレイアウトになってい

ないか。出納員が存在するセクションは、すべてカウンターの横にレイアウトすべきです。経

営企画部は、組織を所管している。市民が便利なようにレイアウトを指揮する経営企画部の

責任である。全庁的なレイアウトの見直しを求める。


市民に分かるように市への入金や出金は、出納員窓口でお願いいたしますと、市役所や支

所などに掲示すべきである。さらに出納員であることが分かるような名札をつけさせてくださ

い。生活福祉課窓口には、課員は現金を取り扱いできないと掲示し、入金・受給される場合

は、出納窓口にご案内しますと。



鎌倉市の組織風土

1.不祥事が発生するたびに、職員の都合によるルール無視がある。

2.ルール逸脱をチェックする立場の人間が、チェックを行っていない。ルールを作っても意味

  がない状態です。コンプライアンスを職員に求めてもチェックがなければ、機能しない。

3.不祥事が発生するたびに、ルールがなかった。マニュアルがない。知らなかったと発言が

  ある。ルール・マニュアル以前に、一般常識・社会通念から教育しなければならない状態

  です。そういう職員が多いのか。

4.行政トップが、ルールを逸脱すれば許さないという姿勢を示さないから、不祥事が続く。



組織の三要素

人・モノ・金です。これらをコントロールするセクションは、総務部、経営企画部、会計課です。

このセクションが機能していないとともに理事者が、把握していないのが原因。



このままでは、市と市民が不幸になるだけ!!


松尾市長が、改革しないとあなたの未来はない!!

« 黒岩神奈川県知事退職金は、全国一位  月額給与は全国二位 | トップページ | 富山市議会・政治活動費不正取得 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】松尾市長提出議案 [第50号 建物明渡等請求事件の和解について]

2016/9/21(水)総務常任委員会へ付託

松尾鎌倉市長は「1,935,690円」を「200,000円」で和解するのか?

http://fujikama.coolblog.jp/2015/SEP/20160918.htm

松尾市長の存在が鎌倉市民の未来を奪う元凶!
西鎌倉の恥の極み!


【拡散希望】2016/9/16(鎌倉市議会観光厚生常任委員会)傍聴資料

不適切な事務処理に関する調査委員会(中間報告書抜粋)

http://fujikama.coolblog.jp/2015/SEP/20160917.htm

コメント:松尾鎌倉市長は、資金前渡者だけの責任で済ませるのか?

     監査委員はどう判断するのか楽しみですね。

http://shigikai.city.fujisawa.kanagawa.jp/voices/GikaiDoc/attach/Gk/Gk1215_gian1609-23.pdf


【拡散希望】2016/9/19(チャンネル桜)上畠寛弘(鎌倉市議)・地方からの国直し

(32分過ぎ)→https://www.youtube.com/watch?v=L_mMQan6LqE

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/67534986

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市生活保護費事件    職員現金持ち帰り判明:

« 黒岩神奈川県知事退職金は、全国一位  月額給与は全国二位 | トップページ | 富山市議会・政治活動費不正取得 »

無料ブログはココログ