« 北鎌倉緑の洞門  守るべき景観だけでなく文化財価値がある  | トップページ | ブログ坊ちゃん葉山  末期自治体の鎌倉市 とのタイトルで痛烈な記事  »

広島カープはなぜ日本一になれなかったか

緒方監督が、戦わなかったからだ!!

緒方監督は、第1戦、第2戦とも勝てたからか、第3戦に黒田投手を投入したからか、先取点

を取り、守り勝とうとしたが、失敗した。

第4戦、第5戦ともに守り勝つ野球を取り続けたが、逆転で負けてしまった。

セリーグリーグ戦やクライマックス戦とは、違う野球です。

挙句の果てに日ハムに王手をかけられたが、戦術を変えなかった。

日ハム栗山監督は、第6戦では、早目早目の投手交代、先手先手の選手起用など、この1戦

にかける意気込みが見えていた。

ところが、第6戦、負けたら終わりなのに、満塁で中田選手を迎え、ストライクを投げず、4球

で押し出しとなり1点献上、あとは皆さま知っての通りです。

打ってみろと投げこまず、チャレンジしないで負けるなんて

最低だ!

中田選手と勝負して打たれたならしょうがないが、悔やまれる戦術です。

緒方監督は、ファンの気持ちを考えずに試合をしている。試合のストーリーを考えていない。

ファンは、負けても次につながる試合を見たいが、第6戦は、暗い気持ちしか残らない試合で

した。

広島鈴木選手と日ハム西川選手   どちらもリーグを代表する選手です。

鈴木選手は「神っている」と言われ、リーグ・クライマックス・日本シリーズで活躍したが、日本

シリーズ第4戦で緒方監督は、彼にバントを命じた。鈴木選手は、サインを見落とし、結果、

走者を進塁させることができなかった。サインを見落とした鈴木選手が悪いが、力がある彼に

打たせない戦術しかなかったのか、疑問が残る。私なら、彼に打たすことにかける。

鈴木選手の悔しそうな顔が忘れられない。

このバントミスで2勝2敗となり、その後は、日ハムへの流れとなった。

このプレーが、日本シリーズの流れを決めたと考えます。

西川選手は、打撃力のある1番打者。第2・3・4戦と連続無安打だったが、第5戦サヨナラ満

塁本塁打です。結果論だが、勝負を避け9回満塁にしたことが、原因では...。

西川選手は、第6戦でも活躍した。

鈴木選手と西川選手の活躍の違いは、監督の選手への信頼の違いだ!!

緒方監督は、日本一にこだわり、選手の失敗を恐れ、安全

策を取ったつもりが、負けた。

選手の力を信じ、いつも通りの戦いができなかったのが、

敗因ではないか。

 

« 北鎌倉緑の洞門  守るべき景観だけでなく文化財価値がある  | トップページ | ブログ坊ちゃん葉山  末期自治体の鎌倉市 とのタイトルで痛烈な記事  »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/68169467

この記事へのトラックバック一覧です: 広島カープはなぜ日本一になれなかったか:

« 北鎌倉緑の洞門  守るべき景観だけでなく文化財価値がある  | トップページ | ブログ坊ちゃん葉山  末期自治体の鎌倉市 とのタイトルで痛烈な記事  »

無料ブログはココログ