« 放送人・久米宏(72)  わたしの半生 | トップページ | いったいどこまで続く!!   鎌倉市事務処理ミス »

大川小津波訴訟   市と県が仙台高裁へ控訴

朝日新聞「大川小の津波訴訟、石巻市が控訴へ 宮城県も検討」と報じた。

仙台地裁は、津波が予見できたと、学校側の市と県の過失責任を認めた。石巻市は、地裁

判決を不服として仙台高裁に控訴するという。

大川小学童の遺族の一部が、提訴したのは、市と県が、原因の説明が出来なかったこと。

刑事事件として取り扱われなかったことではないか。遺族が賠償を求めたのではなく、民事

で提訴するために、賠償を求めざるを得なかったと考えます。


遺族原告の皆様は、控訴により原因解明の可能性が出てきたと考えます。

原告が法的責任を免れるためには、津波を予見できなかったと証明することが必要となる。

1.津波予見ができないと主張する根拠は?

2.津波予見できないのに、なぜ、北上川の橋のたもとの小高いところに生徒を引率したか。

 

 

1.2.などの合理的な説明がないと反論できないのではないか。生き残った教師・学童から

の証言があるのか。

 


遺族の皆様の最初の提訴の時、敗訴のリスクも考えたので

はないか。

 

市と県の控訴は、解明のチャンスと捉え、前向きに頑張って

ほしいと思います。

 

 

« 放送人・久米宏(72)  わたしの半生 | トップページ | いったいどこまで続く!!   鎌倉市事務処理ミス »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/68150876

この記事へのトラックバック一覧です: 大川小津波訴訟   市と県が仙台高裁へ控訴:

« 放送人・久米宏(72)  わたしの半生 | トップページ | いったいどこまで続く!!   鎌倉市事務処理ミス »

無料ブログはココログ