« 情けない神奈川県政  選んだのは県民である | トップページ | 日本シリーズ前にカープ黒田投手が、引退発表 »

新潟県知事戦の影響

2016年10月16日新潟県知事選挙において原発の再稼働に慎重な姿勢を示してきた現職

の知事の路線を継承すると訴えた医師の米山隆一氏が、自民党と公明党が推薦する候補ら

を破り、初めての当選を果たしました。

米山氏は、過去、衆議院選(新潟5区)で3回、参議院選(新潟県区)1回落選している。民進

党新潟5区衆議院選候補者であったが、今回、民進党を離党して無所属で知事選に出馬。

推薦を受けたのは、共産・社民・自由などであり、民進党は自主投票でしたが、見事に勝ち抜

いた。


米山隆一ブログ「最終日」には、立候補した時に「捨ててこそ 浮かぶ瀬もあれ 我が身をぞ

 越後の川に 賽投げ打つ」と詠んでいる。

小池都知事が立候補した時の言葉「崖から飛び降る気持ちです。」と同様です。

退路を断った立候補が、人心を得ることになったのではないか。

鹿児島県に続き原発立地県の民意が明らかになった。

新潟柏崎原発の電気は、福島原発同様に地元に供給されず、首都圏に送られる。新潟県民

は、地域社会が壊れ、地下水汚染防止の目処も廃炉の目処もたたない状況を見ているから

原発再稼働に反対したのだろう。今後は、原発立地県の知事選は、同じ結果が出るでしょう。

今回の知事選において民進党は自主投票としたのは、連合傘下の電力労組が、与党候補を

応援し、米山氏応援に反対したからです。連合には官公労がおり、原発問題以外でも軋轢が

出てくる。ところが、今回の知事選の選挙分析では、民進党支持者の過半数以上の人が、米

山氏に投票している。


民進党は、原発問題で連合と民意の関係をどうするのか。岐路に立たされています。


日本は原発については、廃止で動くべきだ。日本は世界で唯一の被爆国であり、原発でも被

害にあっている。世界に向けて技術革新で電力を賄うと宣言し、日本の英知をかけるべきで

す。

10月23日投票の衆議院補選が、九州と東京で行われています。九州は、野党統一候補で

すが、東京では、民進党単独候補です。両方野党が勝てばよいが、九州で勝って東京で負

けることになれば、民進党はどうする。

来年1月に衆議院選があるとの観測がある。

どのような結果が出ても、民進党は、野党統一候補で衆議院選を戦うべきではないか。

選挙は、自由党小沢氏に任せたほうが良いと考えるが...。

« 情けない神奈川県政  選んだのは県民である | トップページ | 日本シリーズ前にカープ黒田投手が、引退発表 »

地方政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/68005942

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県知事戦の影響:

« 情けない神奈川県政  選んだのは県民である | トップページ | 日本シリーズ前にカープ黒田投手が、引退発表 »

無料ブログはココログ