« 旧901会議室における建物明渡等請求事件和解にかかわる付帯決議について | トップページ | 浅尾慶一郎衆議院議員が、自民党会派入りか? »

鎌倉市9月議会を終わって  これからは4月市議選に

来年度は4月に市議選があり、10月に市長選があります。

市議選までに12月議会と2月議会がありますが、12月議会は年度末に向かっての補正予

算。2月議会は、来年度予算が、メインテーマです。

議員と市長の関心事は来年度の予算と選挙となります。

毎度のことながら、4年に一度の選挙では、選挙年度予算が膨れ上がります。議員をはじめ

市長が、新たな事業を計上しろというからです。これはどこの自治体も一緒です。

市議や市長が、選挙においてこれをやりましたと言いたいからです。



来年4月の市議選

現在の市議は、ほとんど立候補するでしょう。前回市議選では、直前に議員定数が28から

26名に減少したが、立候補者は、現職21名、新人22名、合わせて43名が立候補し激戦と

なった。逆に投票率は低下した。当選者のうち新人が6名当選した。

来年4月の市議選も前回ぐらいの立候補者数になると予想する。なぜなら、約800万円の年

収がある4年間の有期雇用は、若者には魅力がある。選挙費用は、少ない人では、20~30

万円ほどです。一定の支持団体を得れば、毎日駅頭で仕事に行くサラリーマンにチラシを作

成し配れば、当選しているからです。



議員定数

来年4月の市議選での議員定数は、各会派の動きから26名のままでしょう。



当選得票数

議員定数26名で前回同様に立候補者数43名と予想するなら当選ラインは1400票です。



市議選の注目点

1.長年自民党鎌倉支部を牛耳ってきた中村省司県議が、政治活動費不正で離党した。後

  任の鎌倉支部長小野田徹夫氏( 社会福祉法人ラファエル会理事長)が、前回自民党公

  認で当選した渡辺昌一郎議員、中沢克之議長、上畠寛弘議員を鎌倉支部から除名して

  います。これらは、中村県議の報復だといわれています。自民党鎌倉支部は、次回市議

  選に少なくとも3人の公認候補を立てると言われ、そのうちの一人は、前回市議選で落選

  した人の名前が噂に挙がっています。これらは、中村県議の院政が続いている証です。

2.中村県議による鎌倉における自民党政治の膿がここにきて噴出した。中村県議政治活動

  費や9月市議会での社会福祉法人ラファエル会問題は、典型的なものです。鎌倉の自民

  党が、新たに生まれ変わるか、旧主派が存続するかの選挙となります。



神奈川県の政治

1.自民党神奈川県連の動きも理解できない。県議会において中村県議に対して辞職勧告

  決議すら出していない。話題の東京都都議会より悪いのではないか。この原因は、自公

  で議会の過半数を握っているからです。黒岩知事も自公民の推薦で当選している。神奈

  川県知事の退職金は東京都知事より多いなど改革が、必要です。小池都知事の報酬削

  減が通れば、報酬・退職金ともに日本一となる。



近隣自治体の政治

1.葉山町覚せい剤細川町議は、公職者の身分保障をフル活用して辞任しない。覚せい剤で

  有罪となっても執行猶予が付けば、辞めなくてもよい。議員としての名誉より報酬が大切

  という。

2.逗子女性市議(53歳)が、同僚男性市議(48歳)をわいせつ容疑で刑事告訴し、県警は、

  9月に男子市議を書類送検した。わいせつ容疑は、2次会のカラオケ店で53歳の女性市

  議に無理やりキスをしたという。

3.吉田横須賀市長の不祥事で100条委員会が設置され、市長はじめとする3人に対し告発

  を議会が行った。

※ 近隣自治体では、恥も外聞もない、ただ報酬がほしい議員が多すぎる。富山市議会の議

   員たちは、政治活動費の非を認め素直に辞任しているが、これら議員はひどすぎる。



葉山細川町議は、地域手当削減を掲げてトップ当選したが、当選後に削減に反

対した。町政に関心がある人ほど彼に投票したのではないか。議員の見極めは

難しいと言わざるを得ないが、議員になって何がしたいのかを市民が見極める

必要がある。候補者のこれまでの経歴なども大切です。意外なのは、スピンアウ

トした人たちが多いです。どれだけ意欲があるかが大切であると考えます。

 

鎌倉おやじは、前回落選した元市議の高野洋一氏と飯野眞毅氏は、復活当選してほしいと

考えています。

何はともあれ、市議選の投票に行ってください!

市長選については、4月市議選が終わり会派構成が決まったら書くつもりです。

« 旧901会議室における建物明渡等請求事件和解にかかわる付帯決議について | トップページ | 浅尾慶一郎衆議院議員が、自民党会派入りか? »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

なるほど、それで上畠議員は必死で中村、ラファイエルの追い落としを行ったわけですね。
私から見ればあの三者はそれぞれカラーも違います。
一番中村氏に近かったのは中沢氏、だけどさすがに印鑑など火の粉が降りかかるので、避けたのでしょうね。
上畠議員、渡邊議員は不正を嫌ってだと思います。
上畠議員はしがらみがなく、やり手なので、ひどい有様の鎌倉にメスを入れてくれる役割をはたしているでしょう。

それ以上に今回9月定例会で国の基準に合わせて選挙費用をUPさせたことが気になりました。
税金ですから、あげないにこしたことはありません。


飯野氏はあまりに宣伝下手です。
行政書士という他の議員に比べてずっと立派な資格も持っているのに、
とにかく自分がとりくんでいることをきっちり宣伝していると思えない。
あれでは当選するものでも当選しませんよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/67869870

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市9月議会を終わって  これからは4月市議選に:

« 旧901会議室における建物明渡等請求事件和解にかかわる付帯決議について | トップページ | 浅尾慶一郎衆議院議員が、自民党会派入りか? »

無料ブログはココログ