« プロ野球  今年のMVP・新人王  決まる | トップページ | 連合は民進党の最大支持団体でなかったのか »

11月29日開催・不適切な事務処理に関する委員会

1611290111
2016年11月29日15:00第14回不適切な事務処理に関する調査委員会が開催されました。

出席者:委員長・松尾市長、副委員長・小磯と小林副市長、部長7名、職員11名。

今回の会議は、不適切な事務処理に関する検証結果(案)をまとめ、12月に報

告書にするための会議でしたが、11月4日付で公表された検証専門員の3名の

出席がなかった。

委員長はじめ各委員が、委嘱した検証専門員に直接意見を

聞かず質疑もせずに報告書をまとめるなんておかしい。



主な質疑内容

1.検証専門員の助言・同席をいただき、追加の聴き取り調査などを行ったが、新たな事実は

  出てこなかった。さらなる検証を行うため、例えば、第三者委員会等を設置したとしても、

  これまで以上の調査は困難であると推測されるとの意見でした。

2.検証専門員の反応・意見に対する質疑が多くあった。

 ① Q 組織的犯罪であると言われたか。 A そこまでは言われなかった。

 ② Q 職員の裏金という疑いを市民から聞いている。専門員が、裏金の疑いをもたれた?

    A なかった。

3.再発防止

  生活保護費は、金銭管理であり、その公金が、相手に渡されず生活福祉課の手許現金と

  してあったことが問題である。たとえ振り込みになったとしても不支給になったら、支給を

  止めることが必要。ケースワーカーとの連携とともに事務作業のシステム化が、大切で

  す。報告書ではその点を言及してほしい。

  生活保護支給者の把握が基本です。直接担当しているケースワーカーの把握ができ

  なければ、何にもならない。そこが出発点でなかろうか。


  市の内部調査に対して検証専門員による「お墨付き」をもらうために委嘱したと考えます。

  委員は、生活保護費紛失事件が、「組織的犯罪」や「職員の裏金作り」と疑われることを

  嫌っているようだ。

  検証専門員の出席を求めない松尾市長の委員長としての

  見識の無さ。副市長も何も言わないのか。

  調査委員会は単なるパフォーマンスか!  

 

 

 

« プロ野球  今年のMVP・新人王  決まる | トップページ | 連合は民進党の最大支持団体でなかったのか »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


【拡散希望】2016/11/30(水)13:15横浜地裁 第502号法廷 判決言渡(原告敗訴󾬆)

原告:鎌倉市民 被告:鎌倉市

平成28年(行ウ)第1号開発許可処分取消請求事件(鎌倉山開発)

注:最高裁上告棄却、東京高裁差し戻し事件


【拡散希望】2016/12/1(葉山インサイダー)浅尾が鎌倉のボスとなり 松尾市長は”傀儡”でしか生きられない。

http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/e/9693130192d561121076163adebad1fd

上畠鎌倉市議会議員facebook⇒ https://www.facebook.com/uehata.norihiro


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/68638206

この記事へのトラックバック一覧です: 11月29日開催・不適切な事務処理に関する委員会:

« プロ野球  今年のMVP・新人王  決まる | トップページ | 連合は民進党の最大支持団体でなかったのか »

無料ブログはココログ