« 大船駅東口市街地再開発事業の中止が、秘かに発表されていた! | トップページ | ラファエル会入所者死亡事故を受けて 観光厚生委 »

鎌倉市観光案内所でパート9人雇い止め

東京新聞「鎌倉市観光案内所でパート9人雇い止め疑い 市長が調査の意向」と報じていま

す。この問題は、9月議会で指摘されたが、市が動くのが遅いのではないか。

鎌倉市の外部団体とも言えるところでいろいろと問題が発生している。

社会福祉法人鎌倉市社会福祉協議会、社会福祉法人ラファエル会、公益社団法人鎌倉市

観光協会が、従業員の雇用関係で問題が発生しています。

三つの法人は、どちらも事業委託・補助金を市から受けており、市職員及び職員OBが就職

しています。



多額の市の公金が支出されているのに、市の監査などの


管理ができていないと考えます。

« 大船駅東口市街地再開発事業の中止が、秘かに発表されていた! | トップページ | ラファエル会入所者死亡事故を受けて 観光厚生委 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】2016/11/17(鎌倉市)面白法人カヤックの企業活動拠点整備事業の応募書類の開示結果と審査請求書

http://fujikama.coolblog.jp/2015/SEP/20161119.htm

コメント:なぜここまで黒塗りにするのか、許されざる実施機関の情報公開制度に対する姿勢!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/68468517

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市観光案内所でパート9人雇い止め:

« 大船駅東口市街地再開発事業の中止が、秘かに発表されていた! | トップページ | ラファエル会入所者死亡事故を受けて 観光厚生委 »

無料ブログはココログ