« 社会福祉法人ラファエル会施設「藤野薫風」で入所者死亡事故 | トップページ | 鎌倉市松尾市長および幹部職員らがイクボス宣言 »

原発避難「賠償金あるだろう」   横浜市教育委員会の対応

神奈川新聞「150万円巻き上げられ いじめ被害の生徒手記」と報じている。

大津市中学校におけるいじめによる生徒の自殺事件が、きっかけとなり、いじめ防止対策推

進法が、平成25年施行されています。

いじめ問題は、幼児虐待とともに日本の政治課題の一番に位置づける人権被害です。日本

は、少子高齢者社会に陥り、政治課題に取り上げているにもかかわらず、相も変わらず、い

じめを放置していると言わざるを得ない状況が続いています。

原発事故により避難せざる得なかった生徒をみんなで一緒に支援するように

生徒に指導するのが、先生の勤めではないのか!


いじめにあった生徒の代理人は「いじめの内容を非公開とした横浜市教育委員会の姿勢や

対応の遅さを批判している」。

被害者の手記によれば「いままでいろんな話をしてきたが(学校は)しんようしてくれなかっ

た」「なんかいもせんせいに言(お)うとするとむしされてた」と吐露しています。

いじめ生徒の担任や校長先生はじめ学校関係者は、この手記を見てどのような発言をする

のだろうか。

なぜ、対応できなかったのかを解明しない限り、いじめ問題

の解決の糸口も掴むことができないのではないでしょうか。

 

教育委員会をはじめとする教育界が、教育村に閉じこもって

しまっては、解決できない。



まずは、いじめの報告書公開だと考えます。

« 社会福祉法人ラファエル会施設「藤野薫風」で入所者死亡事故 | トップページ | 鎌倉市松尾市長および幹部職員らがイクボス宣言 »

教育」カテゴリの記事

コメント

ふるさとを追われることは苦難の始まりなんだな。昔はベトナムからの避難民が米国入国管理所で人間扱いされがたい対応で
長時間待たされたりラインアップを強いられたりされていたと聞く。争乱で故郷を追われようと、原発で追われようと避難民に対して人々は他人事だ。冷たい。それだけじゃない、中国からの引き上げや、ソビエトの野獣にも劣る日本国民、特に女性への暴力は敗戦国の上、避難民となった人間への非道きわまりない歴史がある。今後原発が狭い日本国土を汚染すれば、日本人は流浪の民となって、心ない輩や世界中からばい菌扱いされてさまようんじゃないか?明日は我が身だと大人がまず思うことが先だよ。子供は大人の影響でバカやるんだから。いじめっ子の親が案外意識低いんじゃないか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/68450946

この記事へのトラックバック一覧です: 原発避難「賠償金あるだろう」   横浜市教育委員会の対応:

« 社会福祉法人ラファエル会施設「藤野薫風」で入所者死亡事故 | トップページ | 鎌倉市松尾市長および幹部職員らがイクボス宣言 »

無料ブログはココログ