« 1月11日鎌倉市議会委員会    末期症状を呈する松尾市政 | トップページ | 記事「1月11日鎌倉市議会委員会  末期症状を呈する松尾市政」に関する訂正 »

1月11日鎌倉市議会委員会    末期症状を呈する松尾市政 2

平成29年1月11日(水曜日)午後1時10分から観光厚生常任委員会・総務常任委員会連合

審査会が、開催され、議題「社会福祉法人ラファエル会の施設管理について」が審議されま

した。

前回会議で参考人招致されたラファエル会小野田理事長・兵藤理事・梅沢理事・家族会代表

の内、小野田氏と家族会は出席しなかった。

参考人招致された兵藤理事と梅沢理事は、ラファエル会の実情をほとんど知らなかった。

新聞記事で知った「ゴム手袋誤飲死亡事故」で兵藤理事が、理事会開催を要請して開催さ

たと言っている。上畠委員が、説明した事故については、多くが理事会に報告されていな

いこと判明した。また、理事会議事録も12月8日に前回理事会議事録が提出されただけ

で、それ以外は、理事に配布すらされていない。



事務局を統括する小野田理事長は、理事に対して説明責任を果たしていない。


主な質疑内容(ほとんどが上畠委員の発言)

1.家族会と鎌倉地区職員連名で小野田理事長辞職要望書が出されていることを知ってい

  た。職員56名の署名は鎌倉地区職員の過半数を超えていることも。理事長が、署名した

  職員などに録音を取りながら面談したことは知らなかった。上畠委員が、鎌倉薫風施設長

  の名前を挙げ職員と入所者を守ってほしい。2名の理事は同意。

2.入所者預り金横領疑惑の当事者の処分については、2名の理事は、議事録が配布されて

  いないので確認できないと言い、「当事者は、懲戒処分に相当する」と発言があった思う

  が、不確かです。

  当事者の退職については、当初、懲戒処分と言いながら記者会見では、通常退職と言い

  換えている。内部資料によれば、懲戒解雇で内容証明郵便にて送付となっているが、どち

  らなのかわからない。退職金で預り金の不明金は、弁済されたというが、ラファエル会が

  加入している独立行政法人の退職金団体では、懲戒処分を受けた職員は、退職金が支

  払われない規定であり、調べてほしい。2名の理事は今月理事会で説明を求めることを約

  束。

3.性的虐待した職員については、懲戒処分か。懲戒はどうかわからない。その職員は非常

  勤職員と聞いている。

4.特別養護老人ホーム「銀の館」でうつ病になった職員が3名いる。イベントなどがある場

  合、夜勤勤務者が、連続27時間勤務を強いられている。多くの事業所において、以前はタ

  イムカードが設置されていたが、小野田理事長になってから撤去されているケースが発生

  している。理事は知らなかった。

5.前市長石渡氏が、ラファエル会の顧問になっているが、顧問の基準は? 理事は知らな

  かった。

※ ゴム手袋誤飲死亡事故以前にも誤飲事故があり、その他事故も発生しているが、理事

  会に報告されていない。報告され対策を講じていたなら、事故を事前に防止できた可能

  性がある。小野田理事長の責任が大きい。


  参考人質疑は1時間余りで終了した。その後に、渡辺昌一郎委員が、家族会から前日聞 

  いた話だが、二人で出席できないので欠席したと言っていた。議会事務局と家族会での

  齟齬があったことが判明。二人の出席で再出席を求めることになった。

  上畠委員の発言で理事長の出席を求めなければ、解明できないことから100条委員会設

  置を求め、証人喚問を提案。中沢委員が、本会議での議決案件であり、特別委員会設置

  もあるが、合同審査会での運営にしたいと提案された。

  各委員の意見

  合同審査会委員の内、西岡委員が、小野田理事長がすぐに辞めるならば、証人喚問は

  不要であると発言した。そのあと吉岡委員が、初めは証人喚問に同意していたが、西岡

  委員と同意見だと意見を変更したが、その他の委員は証人喚問に同意した。

 


  合同審査会として小野田理事長を証人喚問することを決

  定し、本会議に諮ることになった。


  今後は、臨時本会議を開催し議決を求めることになるで

  しょう。

 

 

 

 

« 1月11日鎌倉市議会委員会    末期症状を呈する松尾市政 | トップページ | 記事「1月11日鎌倉市議会委員会  末期症状を呈する松尾市政」に関する訂正 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

西岡議員の発言はラファエル会と理事長をかばった発言に感じる
創価学会の意向か?公明の意向か?

理事がラファエル会の内部事情を知らない。
無報酬で理事を務めてるとは考えにくい。
責任は理事長理事も責任あり。
この際補助金打ち切りにしてラフェル会が今後運営できるのか見守る必要あり。
解散となれば利用者も職員も困ると思う。

この西岡と吉岡議員は一体何で証人喚問が不要と判断するんだ? 鎌倉市のような名前ばっかり有名で、中身が伴わない
市は、他市に恥じない行政、議会運営をしないとな。党利党略みたいな国政のまねごとなんかしてる舞台じゃないんだよ。いいことは良い、おかしなことは正すの原則でやれよ、でなければ、ただのバカに見えるだけだぞ。


【拡散希望】2017/1/13(鎌倉市)稲村ガ崎(公共下水道西部汚水幹線)の仮設排水管からの漏水について

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kisya/data/2017/20170110.html


【拡散希望】2017/1/11(神奈川県情報公開審査会)答申第626号労働委員会委員による特定の要望書作成に関する文書不存在の件(諮問第699号)

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/857897.pdf

コメント:再請求で何が出てくるのでしょうか?


漏水してたんだあ、やっぱり! 海が道理で黄色っぽかったぜ(笑)、うっかりサーフィンできませんぜ、海水の流れから行けば葉山方向へいくもんなあ、、。

本当にサーファーか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/69215469

この記事へのトラックバック一覧です: 1月11日鎌倉市議会委員会    末期症状を呈する松尾市政 2:

« 1月11日鎌倉市議会委員会    末期症状を呈する松尾市政 | トップページ | 記事「1月11日鎌倉市議会委員会  末期症状を呈する松尾市政」に関する訂正 »

無料ブログはココログ