« 記事「1月11日鎌倉市議会委員会  末期症状を呈する松尾市政」に関する訂正 | トップページ | 三菱電機情報技術総合研究所   違法残業で上司社員と会社が送検 »

松尾市長新春インタビューから見える ?

タウンニュース新春松尾市長インタビュー「他市町のごみ受入ない」と出ています。

他市町のごみを受け入れないのに、なぜ、逗子・葉山とごみ処理に関する広域連携の覚書を

締結するのかわからない。



鎌倉市のごみ処理費は、近隣他市より高い。事業系ごみは自己負担が原則。「他市町の

ごみを受け入れない」というなら、他市の事業系ごみが入らないように藤沢市より1円高い

だけの事業系ごみ処理費をもっと値上げしてください。

鎌倉は小さな観光客向けの事業者が多く、家庭系ごみに事業系ごみが混入されている

ケースが散見されている。また、事業者への指導不足による事業者のごみ処理に関する

廃棄物運搬事業者届が不明のケースが多い。

12月議会議会議案第22号「新ごみ焼却施設について」が上程され、賛成多数で可決され

います。https://www.youtube.com/watch?v=wWqcu9bBlfM&feature=youtu.be&a



1.ごみ処理問題

  松尾市長は、燃やすごみの有料化を導入し、その収入を新たな処理施設建設費に充てる

  と決め、ごみ焼却施設の候補地を「山崎下水道終末処理場未利用地」に決定したと発表

  しましたが、地元住民が「新ごみ焼却施設に反対する住民の会」を結成しています。

  下水処理場未利用地は、下水処理施設の改修のためや人口増に伴う施設のために確保

  していた土地です。以前、未利用地を生ごみ処理施設建設地にと検討したが、土地を下

  水目的からごみ処理目的に変更すると国交省に補助金返還しなければならなくなること

  から断念した経緯があります。

  現在の下水処理は、山崎と七里ヶ浜2ヶ所にあり、七里ヶ浜から下水処理した汚泥が山

  崎に運ばれ焼却処理されています。だから、山崎にはすでに焼却のための煙突がありま

  す。汚泥を運搬する車両が山崎処理場に入ると、車両が通るたびに地盤が悪いため付近

  住宅が振動するとともに悪臭が流れ込むという。さらに、七里ヶ浜の下水処理を止め、山

  崎1ヶ所での下水処理計画がありましたが、由比ガ浜海岸での下水流失から旧鎌倉にお

  ける下水処理の話が出ています。

  今回、山崎下水処理未利用地をごみ処理場建設地に決定した主な理由は、ごみ処理で

  発電した電気を下水処理で有効活用できるというものでした。この考えは、下水処理とご

  み処理を山崎1か所に集中させ事が起これば、両方とも機能しなくなるリスクが発生しま

  す。この土地は地盤が悪く、地震や津波が発生すれば、柏尾川に津波が遡上するととも

  に、施設が損傷する可能性が高い。過去になぜ、ごみ処理が名越と今泉で行われていた

  のかを考慮していない決定であると言わざるを得ない。市の迷惑施設を山崎に集中させ

  る。また、下水処理場建設時に地域住民に約束したスポーツ施設や健康福祉施設など

  は、何十年も経過するが、果たされていないことから、到底、住民の信頼を得られない。

  松尾市長は、まず、下水処理場建設時の地域住民との約束を果たしてから、ごみ処理

  場建設のテ-ブルに着かないと話し合いにならないと考えます。

  ごみ処理で発電した電気は、何も山崎でしか利用できないことはない。どこへでも送電

  できます。山崎にごみ処理場を設置する考えは、あまりにも乱暴な政策です。

2.本庁舎建替え

現在の本庁舎は、建設から40年以上経っていることから3月末までに『現在地での建て替え』

『長寿命化』『別の場所への移転』という方向性を決めていきますとあるが、鎌倉市本庁舎整

備方針策定委員会が、素案・鎌倉市本庁舎整備方針を2016年12月に決め、本庁舎は移

転して建設するという案をまとめています。最終的には、本年3月末までに決まるが、現地で

の建て替えは、防災上から無いと考えます。

3.北鎌倉隧道安全対策

無駄な時間と費用を使った松尾市長の失政の一つです。

松尾市長が、市民の反対を退けてトンネル開削を決定したが、文化庁から尾根を含むトンネ

ルは、文化財価値があり史跡申請しなさいと言われ、トンネル保存に舵を切った。地域住民

のため一刻も早く仮設工事を施工し、通行出来るようにすべきです。

4.御成小講堂・旧図書館の保存と活用について

二つの建物は、市の方針がころころ変わっている事例です。

御成小学校講堂は、以前、取り壊し方針でしたが、文化歴史センターとして活用が決まって

いたが、遅々として進んでいなかったところに旺文社創業者から寄付金付き建物譲渡の話が

出てきた。寄付金が多額で実質的には寄付となることから、寄付を受け入れ文化歴史セン

ターとすることになりました。御成小講堂は学童増加に伴い、教室に転用することになった。

旧図書館と労組が使用していた会議室を取り壊し、学童保育のための子供の家を建設する

ことで予算を計上し議会で承認を得ていたが、旧図書館は市民から反対され、労組からは、

会議室退去を拒まれた。松尾市長が方針を変更し旧図書館は、市民の意向を受け入れ保存

し子供の家に転用。労組の会議室は、市が司法に提訴したが裁判所の和解案を受け入れ、

労組が賠償金を支払うことになり、解体された。

5.3選出馬への意欲

松尾市長は、「途中で投げ出すことできない」と言っているが、誰も投げ出さないでと言って

いないのではないか。不祥事解明もできず、職員への処分も甘々だ。不祥事が多発し、後始

末も十分にできず、新たな政策に取り掛かることができていないのが、現状です。

松尾市長は、組織を動かすことができない。

リーダーとして不適格者です。

« 記事「1月11日鎌倉市議会委員会  末期症状を呈する松尾市政」に関する訂正 | トップページ | 三菱電機情報技術総合研究所   違法残業で上司社員と会社が送検 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【大拡散希望】平成29年1月11日 鎌倉市議会総務常任委員会協議会

〇鎌倉FMのあり方について

(中継録画約26分): https://youtu.be/44E02yUPaYY

〇(次長・部長の)ハラスメントの問題について

松尾鎌倉市長・小磯副市長、もみ消し工作か?

(中継録画約6分半): https://youtu.be/u_E_h5fFFgY

コメント:詳細は鎌倉市議会HP議会中継をご覧ください。

上記質問者の市議会議員の皆さん、頑張って下さい!本当に今こそ鎌倉市のコンプライアンスを確立するときだよ、事情知ってる関係者は、今度こそあちこち問題になってるところのトップが変われば良くなれるかもと思ってるんだからさ。


【大拡散希望】2017/1/11 鎌倉市議会総務常任委員会協議会

〇職員の不祥事について(全て)

中継録画約42分:https://youtu.be/IOi5c6pNBv4

コメント:自力救済の禁止に関してダブルスタンダード

長嶋議員ブログ
http://kamakurasi.air-nifty.com/blog/2017/01/--4168.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/69239926

この記事へのトラックバック一覧です: 松尾市長新春インタビューから見える ?:

« 記事「1月11日鎌倉市議会委員会  末期症状を呈する松尾市政」に関する訂正 | トップページ | 三菱電機情報技術総合研究所   違法残業で上司社員と会社が送検 »

無料ブログはココログ