« ラファエル会社会福祉法人の報告書から見た運営 | トップページ | 安倍首相施政演説   アベノミックスの言及がない »

鎌倉市役所が病んでいる!?

ここに来て鎌倉市職員のハラスメント問題(パワハラ・セクハラ)が、噴出している。市に内部

通報制度がありながら、議員に通報して解決を求めている。

なぜか!

通報者が、通報窓口を信用していない。当事者たちが、議員に助けを求めている。

ハラスメントは、職員の色んな立場・思惑からと、利害がある市民までが意見を言い、騒動と

なっていると考えます。


鎌倉市議 長嶋竜弘さんが、Facebook「セクハラ問題について再掲載」と書いています。


内部通報制度窓口を外部の弁護士など有識者に委託し、調査権限を与えて結果を理事者

が判断する制度にすべきです。調査結果が出るまでは、鎌倉市の誰にもわからないような制

度が必要ではないか。



松尾市長が隠蔽していると言われないためにも、松尾市長が、ハラスメントと認定すれ

ば、処分を行い、情報公開するのが肝要です。



メンタルで休職している職員問題

鎌倉市議 長嶋竜弘さんのFacebook「メンタル休職者は平成25年度神奈川県でナンバー

ワンで、17市平均1.01%と比較して2.28%と飛びぬけて高い状況です。」とあります。

神奈川県下17市平均の2,3倍にもなる異常な事態です。



市は不祥事が多発し、市全体でコンプライアンスに注力し、幹部職員が「イクボス宣言」し

いるが、一向に改善されない。



なぜなのか! 松尾市長!

« ラファエル会社会福祉法人の報告書から見た運営 | トップページ | 安倍首相施政演説   アベノミックスの言及がない »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/69322224

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市役所が病んでいる!?:

« ラファエル会社会福祉法人の報告書から見た運営 | トップページ | 安倍首相施政演説   アベノミックスの言及がない »

無料ブログはココログ