« 鎌倉市役所が病んでいる!? | トップページ | 北鎌倉トンネル開削工事裁判に変化が!? »

安倍首相施政演説   アベノミックスの言及がない

22017年1月20日天皇陛下を迎え、通常国会が開催され、安倍首相の施政方針演説が行わ

れました。国政をどのように動かしていくのか、演説文を見てみました。

演説の冒頭で「少子高齢化、デフレからの脱却と新しい成長。厳しさを増す安全保障環

境。困難な課題に真正面から立ち向かい、未来を生きる世代のため、新しい国創りに挑戦

る。」と言っているが、さて具体策は?...。

 

 


政権交代後の第二次安倍政権は、首相官邸HPにも「アベノミックス『三本の矢』について書

いてるが、第一の矢「大胆な金融政策」第二の矢「機動的な財政政策」三本の矢「民間投資

を喚起する成長戦略」と位置づけ、いままで「アベノミック」による経済再生を言い続けてきま

した。ところが、演説分の中のアベノミックスは「アベノミックスで成長なんかできないと批判

ばかりでありました。」とだけしか言っていません。


アベノミックスで第一の矢と第二の矢はうまく行ったが、第三の矢があるのかわからない。
 

日本の課題は「経済再生と財政再建、社会保障改革の三つを同時に実現しながら、一億 

総活躍の未来を切り拓いてまいります。」と言ってるが、経済再生と財政再建には言及が

りません。

 

国民の平均年収が、600万円から400万円に落ち、国民の貧困化が叫ばれているが、実質

入が上がったとの経済指標は聞いていない。アベノミックスが、うまくいっているとは言え

ない現状だ。

 

日銀の財政規律を無視した金融手法の手じまい策がない。国の借金は1000兆円になると

うのに、2020年には国家財政のプライマリーバランスを取るという目標があるが、言及

がない。


国民の関心は、国民の収入が増え暮らしやすくなることですが、未来の希望が見えない。

 

少子高齢化と子育てと社会保障対策は、やらなければならない。

 

しかし、憲法改正は、喫緊の課題ではない。

 

 

安倍首相は、外交に熱心ですが、まず、国民生活改善に注力してほしい。

 

« 鎌倉市役所が病んでいる!? | トップページ | 北鎌倉トンネル開削工事裁判に変化が!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

安部ちゃんの強気の源は、高めの支持率だ。趣味と静養をかねた外交(とよべるのか?)は、いつも多額の税金が手土産。そりゃ
歓迎されるでしょうよ、金と援助目当ての国が多いんだからさ。TVは良いとこしか放映しない。日本は、6人に一人の子供が貧困、アベノミクス 3本目の矢なんてどっか行っちゃってるのに。国民も、受け皿となる野党がない中、政治に熱意を持つどころか、自分の事で手一杯。こうした状態こそ菅安倍コンビの望むところ。自民にはもっと頭良い奴いるはずなのになあ、、、。小池みたいに変えたいなあ、鎌倉も国政もさ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/69337591

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相施政演説   アベノミックスの言及がない:

« 鎌倉市役所が病んでいる!? | トップページ | 北鎌倉トンネル開削工事裁判に変化が!? »

無料ブログはココログ