« 元みんなの党・党首浅尾議員が、自民党入党勧誘!? | トップページ | 鎌倉市役所における駐輪場について »

次期衆議院選で浅尾慶一郎議員は当選できるか!?

2014年神奈川県下の衆議院選結果から見てみると、次期衆議院選挙が見えてくる。

神奈川県下の選挙区は、18区ある。勝ったのは自民が13区。公明が1区。野党が勝ったの

は3区(8区・維新江田、16区民主後藤、9区民主笠)のみ。浅尾氏は、4区無所属で勝利。

比例復活は、自民4人(4区山本、8区、9区、16区)。民主3人(12区阿部、14区、17区)。維新3

人(1区、5区、6区)です。

比例を含めると当選したのは、、自民17人。民主5人。維新4人。公明1人。無所属1人。

維新4人と無所属1人は、元みんなの党ともいえるが、現在の衆議院会派では、自民18人。

民主9人。公明1人です。


上位得票率当選者は、1位小泉。2位菅。3位河野。4位甘利。5位江田です。得票率50%を

超えている当選者は、9人。


  神奈川4区について考えると

1.今年の鎌倉市議選と市長選結果が、次期衆議院選に大きく影響する。浅尾氏は、浅尾氏

  傘下の4名の市議に加え、自民党公認候補4名を応援するのか。市長選では松尾市長が

  出馬すると言われているが、従来通り応援するのか。選挙結果に注目。

2.浅尾氏の前回得票率は、48.1%で神奈川県下上位から10番目。立候補者は、浅尾

  (無所属)、山本(自民)、加藤(共産)、荻原(無所属・元民主)の4名。

  民主党が立候補者を立てなかったから浅尾氏に1~3万票増えている可能性が高い。そ

  う考えると浅尾氏と山本氏の争いは、厳しくなる。山本氏が、選挙区で勝つ可能性が出て

  きます。さらに、民進党と共産党の選挙協力ができれば、早稲田氏の目もある。浅尾氏が

  当選するとはっきりと言えない状態が出てきた。


  次期衆議院選において自民党が全国で議席を落とすという予測が出ている中で、神奈

  川4区において山本氏を出馬させない選択は、今のところ無いと考えます。

 

 次期衆議院選では、浅尾氏・山本氏・早稲田氏の戦いが、

 見ものです。


 それだけに今年の市議選と市長選の行方が、気になる。

« 元みんなの党・党首浅尾議員が、自民党入党勧誘!? | トップページ | 鎌倉市役所における駐輪場について »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/69345740

この記事へのトラックバック一覧です: 次期衆議院選で浅尾慶一郎議員は当選できるか!?:

« 元みんなの党・党首浅尾議員が、自民党入党勧誘!? | トップページ | 鎌倉市役所における駐輪場について »

無料ブログはココログ