« 小池旋風が都議会から国政まで影響するか | トップページ | 鎌倉大船住民にとってうれしいアンケート »

2月20日中村県議政治活動費東京高裁の行政裁判

東京高裁にて「神奈川県議会議員政務活動費不正受給確認請求控訴事件」が行われた。

控訴人  神奈川県県知事。  被控訴人  県民。 参加人  中村省司。

 

中村県議は、高裁の裁判から補助参加している。弁護人は、村田恒夫氏。この人は、中村県

議の後援会長と言われ、鎌倉市が出資している鎌倉FM放送㈱の取締役を中村県議と一緒

に務めている人物。


公判内容

次回5月10日13:10  証人喚問(中澤議員)

第1候補 5月10日 13時半。  第2候補 5月17日 14時

(被控訴人)主尋問  15分。  (参加人)反対尋問 15分

控訴人はなにもなし。


次回公判は、鎌倉市議選後に行われることになった。裁判長は、県の控訴理由より、政治活

動費のやり取りに興味があるようだ。県にとって迷惑な話だが...。


中澤市議を証人喚問することは、中村県議のHP作成費の領収書が、中澤市議が運営する

会社の物だと言われていることからと推測します。この領収書は、神奈川県監査委員が、中

村県議側が、作成したものだと判断したが...。

中村県議政治活動費の焦点は、県政レポートが、印刷され鎌倉市内に配布されたかです。

これについても、横浜地裁は、印刷し配布された事実はないと判断している。

改めて中澤市議を証人喚問する理由がわからない...。



これ以外の新たな証言がなされるのか!

« 小池旋風が都議会から国政まで影響するか | トップページ | 鎌倉大船住民にとってうれしいアンケート »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/69676547

この記事へのトラックバック一覧です: 2月20日中村県議政治活動費東京高裁の行政裁判:

« 小池旋風が都議会から国政まで影響するか | トップページ | 鎌倉大船住民にとってうれしいアンケート »

無料ブログはココログ