« 労組事務所明渡請求事件から見える労使の癒着? | トップページ | 東芝が無くなるか     安宅産業破綻を思い起こす »

鎌倉市庁舎移転計画   市民に2月22日まで意見募集

神奈川新聞「鎌倉市役所移転提言へ、市長、3月に方針決定」と出ています。

鎌倉市HPにて、現在の市庁舎を移転計画(素案)を発表し、市民に意見を求めています。

移転する理由は、現在地は風致地区など土地利用に制限があること。建て替えには費用が

多額になることから移転する考えです。



市役所庁舎をどこに置くかは、今後の市全体の町づくりに関わります。



市民の皆様は、メールでも受け付けますのでどしどし意見を出してください。

« 労組事務所明渡請求事件から見える労使の癒着? | トップページ | 東芝が無くなるか     安宅産業破綻を思い起こす »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

はい、大船に一票です。(2月22日まで意見〆切です)
今のままであれば大船以外ありえません。
村岡新駅と抱き合わせなら、深沢も有りなのかも知れませんが、
なるべくお金をかけず上手くやるなら大船です。
ただし、周りの開発も一挙にするとすれば、土地買収とか、その他諸々手こずりそうな気はします。ちなみに駅周辺開発のお話しは血税を投入しながらおじゃんになりました。
非現実的で、ビジョンを持たない
市長に振り回されております。
皆さんのご意見はいかが?

大船は鎌倉じゃないよ。 戰後 山本市長が勢力擴大の爲に 強引に編入したもの。
あそこは 歴史的には 横濱市榮區だ。

鎌倉とは 谷津の内側、即ち 『 關 内 』だよ。
今の廳舎が出來る前は 「由比ヶ濱」今の 鎌倉警察の辺りだった。

移轉の必要なし。


由比ガ浜一帯は全部津波避難地域なんです。
そうでなければ移転なんて話はなかったでしょう。
消防署もみな大船に移したし、災害時に司令塔の役割を果たす位置に役所は来るべきでしょう。

旧鎌地区の人は、大津波が来たらどうなるか 覚悟して住んでるよな。東北でもそうだったように旧鎌の地形で助ける手立てはないよ。津波てんでんこ。自助努力しかない。行政も多分心の中ではそう思ってるよ。大事なのは災害が終わった後の事だよ、行政が被災してどうすんの、一刻も早く津波避難地域からの移転だな。大船は元々横浜市?結構じゃないの、大船の人も出来りゃ栄区、横浜cityに行っちゃいたい所だろうよ、鎌倉市に所属してても先行き良いことないもん、けど、今後大災害が起こるとすれば、鎌倉市は大船地区なしに生き延びられません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/69456362

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市庁舎移転計画   市民に2月22日まで意見募集:

« 労組事務所明渡請求事件から見える労使の癒着? | トップページ | 東芝が無くなるか     安宅産業破綻を思い起こす »

無料ブログはココログ