« 中村県議政活費不正請求事件と市議選 | トップページ | 2月20日中村県議政治活動費東京高裁の行政裁判 »

小池旋風が都議会から国政まで影響するか

東京新聞「豊洲市場問題の究明で百条委設置へ 都議会きょう協議」と出ています。

公明党が、100条委員会設置を決断。自民党も追随するという観測が出ている。

千代田区長選の結果から選挙予測などが出ている7月都議選おいて、小池都知事は、都民

ファーストの会が単独過半数を目指すのかと問われ認めた。



いまや、小池都知事に抗う職員も都議もいない状態だ。

 


100条委員会で、豊洲問題の責任が、石原氏だということになれば、石原伸晃などの子供た

ちも葬り去られるだろう。

自民党東京都連は、石原慎太郎を見捨てたと思う。

自民党本部も様子見か。

自民党本部も小池氏が党籍離脱をしていないことから、見極めきれていない。


鎌倉おやじは、小池氏が維新と同じようにならない。自民党に戻ると思う。小池氏の出発は、

日本新党からであり、中小政党を渡り歩いて自民党に入党した経歴からそう考えます。



都議選では、共産党以外の野党は消滅する危機にある。


民進党2会派が、東京改革議員団と名称変更し合併した。小池氏の東京大改革を真似て、

抱き着き作戦を展開し、小池氏の怒りを買っている。都議会でも野党連合を組まないと消滅

する。東京選挙区選出民進党党首・蓮舫氏は、何をしているか。小池氏が都議会民進党を

相手にしていないことがよくわかる。

都議選の結果が、秋に予想される衆議院選大きく影響すると考えます。

民進党は、国政においても東京都から消滅するつもりか。



大阪維新の風は、地方の風であった。

都民ファーストの会の風は、首都だけに全国に波及する。

« 中村県議政活費不正請求事件と市議選 | トップページ | 2月20日中村県議政治活動費東京高裁の行政裁判 »

地方政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/69665423

この記事へのトラックバック一覧です: 小池旋風が都議会から国政まで影響するか:

« 中村県議政活費不正請求事件と市議選 | トップページ | 2月20日中村県議政治活動費東京高裁の行政裁判 »

無料ブログはココログ