« 東京都議の質問を都職員が作る!? | トップページ | 原発避難いじめ    横浜市教委おごりはいじめと認めた »

都議会議員報酬削減へ    神奈川県知事・議員報酬削減すべき

 2017.02.15 朝日新聞記事

R0021148


  今議会に都議報酬削減案が、上程される見込みです。報酬額は、半減した知事報酬

  1400万円が基準になるか?

  神奈川県知事と神奈川県議の報酬が、日本一になる。

 

  東京都と違い、神奈川県は、金がなくて困っている。

 

  神奈川も今議会に報酬削減議案を上程すべきだ!


産経新聞記事「神奈川県予算案、一般会計3.7%減1兆9402億円 4年ぶりマイナス」に

よれば、人件費や公債費などの「義務的経費」が、歳出全体の8割超を占めるなど、財政硬

直化が続いている。予算を組むのに、880億円の財源不足が見込まれたが、財政調整基金

を取り崩し、地方税収入の減収分を補填(ほてん)するために減収補填債を290億円発行し

たことや事業見直しなどで工面している。政策に使えるお金がないのだ。



2017年度予算は、いざという時の基金の取崩と赤字県債を発行してやりくりしている。



小池都知事は退職金削減していないが、黒岩知事の退職金は、小池都知事より高い。
 



黒岩知事の退職金・報酬ともに日本一になるでしょう。

黒岩知事は、自ら退職金・報酬削減案を提案すべきです。

 

« 東京都議の質問を都職員が作る!? | トップページ | 原発避難いじめ    横浜市教委おごりはいじめと認めた »

地方政治」カテゴリの記事

コメント


【拡散希望】2017/2/16 (プレスりりース予定稿)藤沢市情報公開請求事件で横浜地裁が3月1日に判決
http://fujikama.coolblog.jp/2017/20170216.htm

情報公開審査会答申第60号
http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/soudanc2-1/shise/johokokai/johokokai/shinsakai/documents/toushin_60.pdf

●答申を無視する藤沢市は許されない!!

【拡散希望】2017/2/16(鎌倉市議会)平成29年2月定例会

上畠寛弘議員の最後の代表質問か? 

(中継録画約1時間45分)⇒https://youtu.be/jiSgs8zdn70

コメント:力のこもった代表質問は約1時間45分続く、他の地方議会議員は見習うべき!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/69607057

この記事へのトラックバック一覧です: 都議会議員報酬削減へ    神奈川県知事・議員報酬削減すべき:

« 東京都議の質問を都職員が作る!? | トップページ | 原発避難いじめ    横浜市教委おごりはいじめと認めた »

無料ブログはココログ