« 陳情第74号「人権救済への働きかけを求める陳情」 | トップページ | 「人権救済への働きかけを求める陳情」審議の考察 »

鎌倉市観光委   観光協会助成に関する条例

2017年3月3日観光厚生常任委員会「公益社団法人鎌倉市観光協会の助成に関する条例

の制定について」が審議された。この条例の制定目的は、平成29年度予算審議おける議会

の資料要求を観光協会が、拒否したことから議会議案として制定することになった。

観光協会には市が年間4千万円余の補助金を出しています。そもそも平成27年度決算特別

委員会において観光協会運営観光案内所の職員雇止めが発覚したことが、経緯でした。


議会におけるやり取り見ていると、観光協会を所管するのは市民活動部観光商工課です

が、議会の要請により資料請求したが、観光協会が拒み法的に要求できない。条例制定して

も資料提出を強制できないといった。現状では、市が債権者として裁判所に資料要求を申し

立てて、許可を得るしか方法はないと。

原課として管理監督はできない自らの不備を棚に上げて、補助団体の調査には限界がある

といったと同じ。

問題点

1.原課は、補助金事業に関する資料は貰えるが、関連する資料はもらえない。補助金団体

  全体の把握はできない。例えば、補助金事業以外に補助金が使われても把握できない。

2.それで補助金の管理監督ができるのか。市が、職務放棄をしているとしか思えない。

3.市が行う補助・委託に関する契約で、契約先に資料請求できる条項を入れるべきです。

  市議会は、2月議会でこれら条例制定をするべきです。


鎌倉市観光協会は、定款第4条(事業)に「市の観光案内所及び観光施設の管理運営」とう

たっているが、市補助がなくても観光案内所やるつもりか。 補助があるからやっているのか。



3月6日観光厚生常任委員会で松尾市長の出席を求めて質疑すること
なっ

た。

松尾市長の答弁次第で予算特別委員会開催が、行われない可能性まで考え

られる。


松尾市長のリーダーシップの無さが、表面化している?



鎌倉市が末期自治体と言われる所以です...。

« 陳情第74号「人権救済への働きかけを求める陳情」 | トップページ | 「人権救済への働きかけを求める陳情」審議の考察 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】2017/3/6(鎌倉市議会)観光厚生常任委員会観光協会資料提出拒否の件

上畠議員番外質問(観光協会資料提出拒否の件)に対する松尾市長答弁

(中継録画約5分)https://t.co/0KGTi2aLTo

#観光協会 #鎌倉市 #資料提供拒否 (一部画像欠落)

長嶋市議さんの言うように、観光協会と商工会議所がこの街を堕落させているのでしょうか。
大崎前商工会議所会頭と久保田商工会議所会頭と井手観光協会会長は皆さんが原因だそうです。長嶋市議さんの発言に注目します。

↑ おいおい、中村県議を忘れてもらっちゃこまるぞ。

結局全部の利権は中村につながるんだよ

観光協会から各市議会議員に対して意見交換の場を設けているのに、そこに参加しないのは長嶋だという事実。話し合う場から逃げているのは長嶋だよ。


私も聞いたことがあります。
問題点があれば意見を言えばいいことです。
それができないのはなんででしょう。

鎌倉市本庁舎整備方針策定委員会
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/keiki/hontyosya-hoshin-sakuteiiinkai.html
大崎、井手、久保田が委員だ。
松尾はなんでもこいつらが委員。

大崎は大崎でも違う大崎。よく確認せい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/69818681

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市観光委   観光協会助成に関する条例:

« 陳情第74号「人権救済への働きかけを求める陳情」 | トップページ | 「人権救済への働きかけを求める陳情」審議の考察 »

無料ブログはココログ