« 東芝   監査法人   株主総会議決 | トップページ | 平成29年2月議会   市の補助・委託団体   法令遵守 »

鎌倉市観光協会運営補助金予算削除   観光協会記者会見

2017年3月22日平成29年2月議会最終日、平成29年度予算案の内、鎌倉市観光協会運営補

助金約4600万円が削除された予算修正案が、可決されたのを受けて、観光協会が、記者

会見しました。

東京新聞「鎌倉市観光協会の補助金削減 市議会が修正予算案可決」と神奈川新聞「観光

協会への補助金削除 鎌倉市議会が修正予算案を可決」と報じている。


議会は、雇い止めなどから観光協会が問題と捉え予算審議のため資料請求を市に対して求

めた。観光協会は、担当部署からの要請と松尾市長からの要請も拒否したので、議会は、補

助金削除を議決した。

観光協会が、議会議決後に記者会見したので、補助金がなくても運営する腹づもりだと思っ

たが、補助金がなくては運営できないようだ。


新聞記事によれば、補助金のうち3300万円は職員給与の80%に当たる。補助金削除は、

びっくりしたと不満を表明。今後の対応については、4月理事会に諮るとのこと。


  観光協会

1.観光協会に補助金などが、税金である認識がないのでは?

2.観光協会・鎌倉市の二者の間でコミュニケーションが取れていない。

  市は他の委託・補助団体との関係においても同様です。例えば、ラファエル会、ティアラ鎌

  倉の医師会では、意思の疎通が図られていないのではないか。

3.市が観光協会を説得できない。観光協会が市に協力しない関係は、異常。このままでは、

  観光協会との委託・負担金支出も継続できなくなる。


  補助金は、よこせ! 市は、運営にチャチャを入れるなでは、公金は投入出来ない。

  上畠市議の議会発言に「どういうことだ。説明求める。」では、まるで圧力団体で話に

  ならない。




  観光協会は、市と協働して鎌倉観光振興を図る団体ですか。



  観光協会は、
協働する姿勢を示さなければならないのではないか。

« 東芝   監査法人   株主総会議決 | トップページ | 平成29年2月議会   市の補助・委託団体   法令遵守 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/70019063

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市観光協会運営補助金予算削除   観光協会記者会見:

« 東芝   監査法人   株主総会議決 | トップページ | 平成29年2月議会   市の補助・委託団体   法令遵守 »

無料ブログはココログ