« 鎌倉市議選判断材料    共謀罪新設反対意見書否決 | トップページ | ティアラかまくら、医師会立ではない   実態は赤字市立事業! »

予算特別委員会採決日   上畠市議宛    観光協会公開質問書

2017年3月15日付で上畠市議宛に観光協会会長名の公開質問書が、内容証明で届いた。

観光協会HPトップにある「鎌倉市観光協会からのお知らせ」にも掲載されています。


神奈川新聞「鎌倉市、 当初予算を修正 観光協会の補助金削除

昨年議会において市の委託事業である観光案内所の職員雇い止めが発覚したことを受け、

平成29年度予算特別委員会が、観光協会の就業規則と理事会議事録などを請求したが、提

出拒否されたことから、3月15日予算特別委員会において、観光協会運営補助金が、予算書

から削除することが委員会議決されました。

予算特別委員会は、資料拒否を受け松尾市長にも要請したが、結局拒否されたことを受け

て補助金を削除しています。採決日に合わせたように公開質問書を出しているが、議会や議

員には、圧力と取られるだろう。


鎌倉市議会議員 上畠寛弘Twitter  https://twitter.com/NorihiroUehata

には発言理由が詳しく書かれています。


議員は、議会発言の内容について免責される。議員は、市の業務をチェックするのが仕事。

公益社団法人鎌倉市観光協会は、市から委託や補助金を受けている公益団体です。観光

協会こそ資料提出拒否理由を明らかにすべきです。


市と観光協会は、上畠市議が言っている「天下り」を無くし、資料提出することにより「説明責

任」を果たすことが、しがらみや利権と言われないことになることを肝に銘じてほしい。





観光協会は、上畠市議からミスを突かれ、資料提出もせずに、



開き直っているかのようだ。



市の指導の下、観光協会の刷新が必要です。



鎌倉市民として観光協会の行動は、恥ずかしい!

« 鎌倉市議選判断材料    共謀罪新設反対意見書否決 | トップページ | ティアラかまくら、医師会立ではない   実態は赤字市立事業! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

過去の葉山町観光協会では、不正経理疑惑や脱税疑惑があり一部議員とオンブズマンからの追及で解散に追い込まれ、完全民営化の新生葉山町観光協会に変わった。
自治体補助金団体の情報公開は自治体に準ずるのが基本。
それを守れない団体は早急に刷新が必要かと思われます。
2008年「坊ちゃん葉山」に掲載した小説葉山町観光協会はかなりきわどい表記があるため非公開になっています。よって、公開しても差し支えない一部をアーカイブとして再掲しました。
よろしかったら目を通して見てください。

【拡散希望】2017/3/18(坊ちゃん葉山)

今、鎌倉市の観光協会が揺れている

#鎌倉市観光協会 #杜撰な会計処理 #脱税疑惑 #辞任劇

http://blogs.yahoo.co.jp/bluesheetfarmer/folder/1296186.html


現在、葉山町観光協会は完全に民営化され健全経営が続いている。

鎌倉市民には是非参考にしていただきたい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/69956190

この記事へのトラックバック一覧です: 予算特別委員会採決日   上畠市議宛    観光協会公開質問書:

« 鎌倉市議選判断材料    共謀罪新設反対意見書否決 | トップページ | ティアラかまくら、医師会立ではない   実態は赤字市立事業! »

無料ブログはココログ