« 鎌倉市生活保護事件から | トップページ | 鎌倉ガーディアンズ「熊本地震防災ツアー」 »

日本の原子力政策

1.原発再稼働

  2017年3月28日大阪高裁が、関電高浜原発再稼働を容認した。司法判断が、大津地裁と

  大阪高裁で真反対の結論です。滋賀県民及び国民の心配に配慮した論理ではない。

.国連「核兵器禁止条約」

  国連の会議で日本は、核兵器保有国の理解と関与が得られないと交渉不参加を宣言し

  た。これで、世界唯一の戦争被爆国と言えるのか。核なき世界をという目標を放棄するの

  か。

3.東芝子会社・WH

  WHが、破たん処理を米国で申請する。WHが申請を決めたら、東芝も29日役員会で容

  認する? 東芝が米国で原子力事業をギブアップすれば、欧米で日本が原子力から撤退

  と捉えられかねない。東芝は、自ら生き残るためリスク遮断するしかないが。


  日本の政策が、ブレまくっている!!

追記

NHKニュース「東芝の米国原発子会社 連邦破産法の適用を申請

« 鎌倉市生活保護事件から | トップページ | 鎌倉ガーディアンズ「熊本地震防災ツアー」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

かつて司法は今のような状態だったろうか。官邸に反対の判決出せば左遷、杉原千畝のたどった苦難をみれば明らかだが、司法はその中でも不倒の立場でなくては。琵琶湖が汚染されたらほんとに日本は終わり。お馬鹿内閣支持してる日本人は自業自得、お粗末野党に受け皿期待できない日本人ただ憐れ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/70085656

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の原子力政策:

« 鎌倉市生活保護事件から | トップページ | 鎌倉ガーディアンズ「熊本地震防災ツアー」 »

無料ブログはココログ