« 中村県議政治活動費事件    新たな展開!?  | トップページ | 鎌倉市議選新人候補予想について »

鎌倉市議会が横浜地検に  ラファエル会前理事長の告発状提出

朝日新聞2017.04.14

17041401
4月16日鎌倉市議会議員選挙がある中、社会福祉法人・ラファエル会前理事長である小野

田徹夫氏の告発状が、鎌倉市議会より横浜地検に提出することが発表されました。

神奈川新聞「社福の理事長を刑事告発へ 鎌倉市議会」が報じているが、3月22日市議会

本会議において告発することが全会一致で議決されたことを受けて告発されたものです。

中村県議の刑事告発が受理されている。

 

今度は、小野田氏が告発された。

 

鎌倉自民党の二人のボスが、告発!!

 

中村県議は、地検により再捜査されるだろうが、小野田氏を地検は、どうするか!

 

 

鎌倉田舎政治のボス達はどうなるか。




  ラファエル会問題の主な内容

1.ラファエル会入所者の預り金を職員が搾取した問題で、退職金で穴埋めさせるため。

  ラファエル会において職員を懲戒解雇していながら、懲戒処分なら出ない退職金を通常

  退職として加盟している退職金機構に虚偽申請し、退職金を受領した疑惑がある。

2.事業買収金額を理事長単独で決める。赤字企業を多額で。

3.職員残業代を宿直手当として支払い。違反している。

4.ラファエル会評議員の会社が、ラファエル会の工事受注。

5.ラファエル会職員と車両を理事長の私用に使う。

6.理事長として1千万円を超える報酬。

  ※ 理事長の横暴でラファエル会に損害が出ている可能性が高い。

 

« 中村県議政治活動費事件    新たな展開!?  | トップページ | 鎌倉市議選新人候補予想について »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/70256687

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市議会が横浜地検に  ラファエル会前理事長の告発状提出:

« 中村県議政治活動費事件    新たな展開!?  | トップページ | 鎌倉市議選新人候補予想について »

無料ブログはココログ