« 北鎌倉トンネル仮設工事が、雲長庵の反対で進まない | トップページ | 甲子園虎ファンが興奮    9点差を逆転   首位奪取 »

鎌倉の海で赤潮発生   誰も言わない水質悪化

日テレニュース24「鎌倉の海、夜に光る?“赤潮”に期待の声も」と報じています。

5月4日~5日にかけて鎌倉の海岸に赤潮が押し寄せた。

専門家によれば「赤潮とは、水中に生息するプランクトンなどが異常に増えることで海が変色

する現象」です。

海水をすくってみるときつい臭いが。ペットボトルに入れてみると、水の表に赤い粒々が

浮いているように見える。釣り人が、海から上がってきて魚がいないと...。

赤潮は初夏の海に見られる現象だが、海水に栄養が多くプランクトンの異常発生で起き

る。海水の水質と海水温により発生する。



誰も鎌倉の海の水質悪化を心配しないのか。

夜に夜光虫が見られると喜んでいる場合ではない。


昨年4月下旬、稲村ケ崎崩落による下水管破損が発生し、旧鎌倉地区で発生した下水を

1日当たり10トンタンクローリーで1000台分を長期間に亘り、海に放流したことを思い出し

ます。



海に流入する河川の水質に変化はないのだろうか。



鎌倉市・神奈川県・国は、再度チェックをしてほしい。

« 北鎌倉トンネル仮設工事が、雲長庵の反対で進まない | トップページ | 甲子園虎ファンが興奮    9点差を逆転   首位奪取 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

赤潮と水質汚染は関係ない。ミスリードですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/70481564

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉の海で赤潮発生   誰も言わない水質悪化:

« 北鎌倉トンネル仮設工事が、雲長庵の反対で進まない | トップページ | 甲子園虎ファンが興奮    9点差を逆転   首位奪取 »

無料ブログはココログ