« 2017年5月21日第14回大船まつり | トップページ | 花火大会実行委員会   不適切な資金管理発覚 »

今期市議最後の会議    不適切事務の全員協議会

17051301

2017年5月12日PM2:00全員協議会が開催され、不適切な事務処理に関する調査委員

会の最終報告がなされました。

不適切な事務処理は、2015年夏に発覚した「白紙請求書」「ワクチン誤接種」から2016年

8月発覚した「生活保護費亡失・盗難」「窓口での不適切な収納金取扱い」「通勤手当不

受給」「公務中に公用車私的利用」さらに、今回観光課など9課における「公金等の不適

切ない」が発覚している。



観光課と9課は、生活保護費の不正が発覚し、全庁で調査が指示されたが自主調査では

てこずその後の調査で発覚した。


不適切な事務処理の職員処分は、観光課など9課を除いて処分がなされていた。

既処分者(今回処分者除く)

生活保護費;懲戒8人。行政措置17名。窓口:行政措置20人。定期:懲戒2人。行政措置

1人。車不正使用:懲戒1人。合計:49名。

不適切な事務処理に関する調査委員会資料は、HPにあります。



ブログを書いているが、こちらがわからなくなるほど、次から次と不適切事例が噴出。

生活保護費では、職員処分がされたが、盗難の犯人はわからずじまい。紛失した267万円

の生活保護費に関わり、処分された職員に対して連帯して弁済を求め、損害賠償請求した。

市の幹部会(市長を除く副市長を含む部課長)が267万円を支払った当該職員への募金を

集めていることが判明。募金は、5月10日現在、544千円。



問題は、有識者や弁護士の意見を聞かずに、法的手段でない形で行っていることだ。

田舎村社会のやり方ではないか。今後の処分や弁済に禍根を残すことになる。

 

退職した滝沢副市長は、会計管理者の上司に当たるが、処分を受けていない。退職金を

額貰い問題です。また、募金をやっていないようだ。



このやり方は、「赤信号 みんなで渡れば怖くない」だ!!



  誰も言わない生活保護費の一番の問題、

1.ルール無視(財務規則)

 ① 生活保護費を受給者に支払う時、当月支払日までに福祉総務課資金担当者が、生活

    保護費を生活福祉課職員に前渡したうえ、受給者に渡されたことを確認せずに、支払

    済み処理していたことが原因です。

 ② 実際には、受給者が取りに来なかったりして生活福祉課の金庫保管され、金庫も会計

    課金庫に保管されずに生活福祉課キャビネットに放置されており、亡失・盗難が発生し

   た。

  鎌倉市のやり方は

  ルールがあっても職員がやりやすい方法をとる。

  業務執行のチェックを誰もやらない。

  職員自ら不適切事務を申告しない。  

  外部のチェックで初めて判明する。

  不祥事が判明しても、懲戒解雇者は出さない。

  金品補充は、内部の互助会で賄う。

  不適切な公金管理が30年以上続いている。

  今回の報告から松尾市長1期目最後に「岡本二丁目マン

  ション問題」の処分を発表。100条委員会を設置したが、

  担当係長一人を行政措置処分しただけだったことを思い

  出した。



  鎌倉市幹部職員が、新人時代から杜撰な公金管理が



  行われていた。

 

  幹部職員が指導出来るわけがない。



  松尾市長が、責任を取り辞職するしかない。

 

 

 

« 2017年5月21日第14回大船まつり | トップページ | 花火大会実行委員会   不適切な資金管理発覚 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

[拡散希望]2017/5/12(鎌倉市議会)総務常任委員会協議会

紛糾し日付をまたぎ午前2時過ぎ閉会

コメント:花火大会費用に関する疑惑噴出

全員協議会「不適切な事務処理の最終報告」報告後、直ぐに発覚した不適切な事務処理

#鎌倉市 #花火大会 #観光協会 #既得権益 #カヤック

https://t.co/ckxPOz5G1Z


http://fujikama.coolblog.jp/2017/20170513.jpg

今日までが第19期鎌倉市議会議員の任期なので、委員会中の改革派落選議員がある程度、事実を明らかにするために頑張ったのですよ。

5月16日からは第20期議員になり、既得権益擁護の松尾市長派議員が増えたので、常任委員会構成が決まらず、次回は未定です。

なお、新情報です。
--------
○自民党公認で中村省司県議の支持も得て市議会選挙に当選した志田一宏氏が、2014年免許取り消し処分中に無免許で車を運転し、スピード違反をおかし現行犯逮捕、拘留されたとの情報です。自民党神奈川県連の事務局長が受け取りに行ったそうです。交通違反で逮捕歴があるとは驚きです。彼の経歴にはもちろん書かれていません。

これは森功一新鎌倉市議が口にしていたことだそうです。


○当の森功一氏は5月10日の東京高等裁判所の証人尋問で中村省司事務所からの月給25万円と一回あたり額面15万円のポスティング代金に関して、これを確定申告していなかったと証言しました。「事務所が源泉徴収していると思った」というのが本人の言い分です。しかし、政治団体の事務所は事業所でないので源泉徴収していないのが通例で、中村省司事務所も源泉徴収していませんでした。どこの政治団体の事務員もみな所得を確定申告しています。つまり森氏は所得税と市民税を脱税していたことになります。脱法行為にかかわった人間が議員になるとは聞いてあきれます。


5月16日から二人の新人議員の任期がはじまりますが、新議員の議会召集と同時に「議員の資格がない。倫理に欠ける」として辞職勧告を求める運動を展開する動きが出ています。以上新情報です。なにとぞよろしくお願いいたします。岩田薫


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/70543736

この記事へのトラックバック一覧です: 今期市議最後の会議    不適切事務の全員協議会:

« 2017年5月21日第14回大船まつり | トップページ | 花火大会実行委員会   不適切な資金管理発覚 »

無料ブログはココログ