« 観光協会補助金削除から復活    大甘処理 !   松尾市長改革できず  | トップページ | 秋の鎌倉市長選日程決まる »

松尾市長に市税を使う資格あり?  観光協会資料提出拒否理由、不可解。  

観光協会平成29年度公益事業予算において、観光案内所業務は、鎌倉市受託金収入と

なっている。すなわち、観光案内所の運営は、すべて市の税金で賄われている。



観光協会は、受託した以上、その運営内容について説明責任が、市に対して発生する。


事の発端は、観光案内所職員の雇い止め疑惑からきている。明らかにするために議会が、

理事会議事録等の資料請求をしたが、議事録を公開することは、今後理事会での発言が制

約される恐れもあり、独立した団体として由々しき事態に陥りかねません。このように議事録

の公開は、今後の運営にも大きな影響を与えかねない重大な問題であります。」と観光協会

は、拒否した。


ところが、観光協会は、補助金がほしいと資料を提出してきた。

観光協会は「独立した団体として由々しき事態」といったにも関わらず、補助金が無ければ、

やっていけないと言っている。すなわち、独立した団体としてやっていけないことを示した。

観光協会の言い分は、完全に言行不一致ですが。



このようなスト-リ-を松尾市長と観光協会が書いた?..。



ロジックから言えば

市民活動部観光商工課は、委託した事業が的確に行われているか把握する責任がある。

また、議会の議決を得るため内容を説明する責任があるが、説明責任を放棄した結果、議会

は、観光協会への補助金を削除したのである。


松尾市長をはじめとする行政が、観光案内所事業をコントロールできないと言うこと。問題が

起こっても解明できないことを示している。極端に言えば、市は事業を委託する資格がない。

逆に言えば、観光協会に市がコントロールされているのでは?



松尾市長には、市民の税金を使う資格があるのか。


市長自ら観光協会へ資料請求を求めながら拒否されたのに、従来の要望額を認めている。

また、議会への説明についても、観光協会にさせるなど、自らの責務を果たしていない。




当事者能力に疑念を抱く事態です!!



観光協会と松尾市長とのストーリーが、変わった?



観光協会が反松尾になった可能性がある?

« 観光協会補助金削除から復活    大甘処理 !   松尾市長改革できず  | トップページ | 秋の鎌倉市長選日程決まる »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/70743152

この記事へのトラックバック一覧です: 松尾市長に市税を使う資格あり?  観光協会資料提出拒否理由、不可解。  :

« 観光協会補助金削除から復活    大甘処理 !   松尾市長改革できず  | トップページ | 秋の鎌倉市長選日程決まる »

無料ブログはココログ