« 鎌倉ウォーキングアプリ「いざマイル鎌倉」の終了 | トップページ | 前・前川文科省次官という人 »

まさか!?  前鎌倉市秘書広報課長の春日女史が亡くなる

平成29年1月総務常任委員会において経営企画部報告事項「新春のつどいにおける市職

による市民強制排除について」が報告されて、春日課長が、矢面に立ち答弁していたのを

思い出します。

春日女史は、3月に脳梗塞で倒れられ、今回再び倒れられ亡くなったとのこと。 

もっぱら、新春の集いにおける件でストレスが原因でなくなったと言われています。

 

春日女史のご冥福を祈ります。


鎌倉市職員が無くなったのは、5年ほど前の小町通電線地中化工事で道路課長が亡くなっ

た。その前は、町づくり景観部の職員が、台峰緑地現場で亡くなっている。

それ以外にも、ストレスなどで休職したと言う職員は枚挙にいとまがないほど多い。



鎌倉市は、中間管理職の課長クラスが、


責任をかぶるケースが多い。



春日女史は病に倒れたが、過去は自死の
ケースが多い。


新春の集いの市民強制排除は

中村県議政治活動費不正が端を発している。昨年、鎌倉おやじにも新春の集いの案内が

来たので、初めて参加した。その時も今年の排除された市民が、会場で中村県議のことで

大声を出しているのを見ました。今年の新春の集いは、中村県議が壇上であいさつする番

でした。それだけに当該市民が声を上げたら排除するとの打ち合わせがあったのだと推測し

ます。そこには、中村県議に対する「忖度」があったのでしょう。

これらストーリーを誰が書いたのでしょうか。



春日女史の上司と推測します。



鎌倉市は、組織は守るが個人を守らない?

 

 

個人を守らずに組織なんてありえない!

 

 

松尾市長は、直接の部下を病で亡くした!

 

トップが職員を守らないで仕事がうまくゆくはずがない!

« 鎌倉ウォーキングアプリ「いざマイル鎌倉」の終了 | トップページ | 前・前川文科省次官という人 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

比留間部長の部下か
議長に罵倒され怒鳴られたと嘆いていた

中沢克之のコメントが気になる
すぐ怒鳴る威圧する日常茶飯事

「脳梗塞」ではなく「脳出血」です。

自死って誰ですか?

https://twitter.com/nakazawajimusho/status/871293487513190400

よくこれだけ、自画自賛する

電柱地中化でも誰か死んだとか聞いたが。。。

花子さん
飯野議員に聞けばわかるよ
飯野議員は執拗に担当者を責め立てていたからな
岡田さんの寛容さを見習え

亡くなった方の家族、子どものことを考えれば「前議長」を謳ってノウノウとコメントばんbてできないはずだが、本当に頭オカシイんだろうね。

中村県議が元凶なんだから、その人をひな壇に載せなければいいのに。なんで載せるのか分からない。選挙にすごい影響力を及ぼしているのだろう。市長、早稲田、あさお、山本、みんなだんまりを決め込んでいるからね。それに今回落選した議員を見ればすごい組織票につながっていることが分かる。逆らったら落選させられるとみんな戦々恐々なのかな?

そこまで追い込んだと言うのなら、この件を大きく取り上げた反市長派の当時の議員とそれを支持してる反市長派の方々にも、責任があると思いますけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/70786097

この記事へのトラックバック一覧です: まさか!?  前鎌倉市秘書広報課長の春日女史が亡くなる:

« 鎌倉ウォーキングアプリ「いざマイル鎌倉」の終了 | トップページ | 前・前川文科省次官という人 »

無料ブログはココログ