« 松尾市長に市長選不出馬を求めた長嶋市議一般質問 | トップページ | 最近の松尾市長言動    市長選の裏目になること多し! »

大石市議一般質問    松尾市政「ゴミ」と「岡本マンション」

9月7日大石市議(公明党)一般質問が2期の亘る松尾市政のゴミと岡本マンションについて

質問した。結果的に松尾市政の失敗を暴くことになった。


松尾市長のごみ政策「ゴミ個別有料化と新ゴミ焼却場建設」

松尾市長が、実施したのは戸別収集なしのゴミ有料化だけ。市民から見れば個別収集がな

いため「騙された」という人もいます。戸別収集についてはいつから実施か不明のまま。新ゴ

ミ焼却場は、山崎下水処理場にと選定したが、地域住民は、白紙撤回だと猛反発。



岡本二丁目マンション跡地利用

開発は県が取り消し、事業者(セコム)と市は、裁判をするも許可取消した県に敗訴。

市は、福祉・市民活動施設として利用すべく、土地をセコムから寄付として受領後3年を経過

するも市の開発が進まない。松尾市長は、マンション中止を打ち出し市長になるも、いまだに

解決できずにいる。隣接地権者との土地境界確定が出来ずに放置状態です。



1期目からの松尾市長と行政の失敗と言える。




現状の鎌倉市ごみ処理

ゴミ個別収集とごみを3万トン/年に減量が課題です。

名越ゴミ処理場は、平成30年度まで3.3万トンのごみ処理を地域住民から認められているが、

以降は3万トンが限度だ。7年後には、名越でのゴミ処理中止を約束している。市はゴミ有料

化でごみ減量化をもくろんだが、3万トン以下にできず、外部処理で1億円以上使っている。

10月から資源ごみなどの拡大回収により3万トン以下にする計画をしているが...。



新焼却場建設

山崎下水処理場横の市有地を新ゴミ焼却場に松尾市長が選定したが、地元住民から猛反

発を受けている。その理由は、下水処理場稼働の「匂い」「振動」の解決や下水処理場建設

時の地域住民への福利厚生に関する約束の履行が出来ていない。そこへごみ焼却場です。

山崎にはすでに下水汚泥焼却エントツがある。

松尾市長は、下水処理での迷惑を解決できていないことを知りながら、ごみ焼却を決めた。

松尾市長は大船・玉縄地区に大きく影響する地区に下水・ごみ処理を集中させる考えです。

松尾市長は、ごみ焼却場の今泉を止め、3年前に名越の焼却を止めると住民に約束した。

松尾市政失敗は、新たなゴミ焼却場建設地が決定していないのに名越を止めると約束した

こと。

平成29年度に新ゴミ焼却場建設地を決めないと約束の名越の焼却を止められなくなります。

松尾市長は、鎌倉市長選告示日の4日前の10月11日に山崎地区住民とゴミ焼却場の話し合

いを行う。松尾市長は、地域住民の理解を今年度中に得るよう努力すると言っているが、絵

空事を言っているとしか見えない状態です。

松尾市長は、山崎地区住民の理解を得られなければ、名越地区住民にも約束の履行が出

来なくなります。

最悪は、鎌倉市内でごみ処理ができなくなり、ゴミが町に溢れるか!



岡本2丁目マンション跡地

土地境界確定が出来なければ、跡地を開発できないことは、鎌倉市が開発許可権者だから

わかっているはずだが、土地境界確定がない土地を寄付として受領している。





なぜこういうことになったか市は説明していない。

松尾市長は臭いものにふたをしたまま。

 

  問題点

1.寄付を受けるということは、この土地の行政計画を立て、利用することを決めること。

  すなわち、土地からの税収より利用価値があるとの判断だ。

2.この土地のため、岡本マンション土地利用特命担当を設置し、利用計画を作成し3年経過

  したが、土地境界問題のために土地利用の推進が遅々として進まない。

  利活用できない土地の寄付を受け、税収を減らした。

  寄付を受けた土地の利用計画を立てるため特命担当を設置したが無駄になった。

  市の施設建設案をコンサル事業者に発注したが、開発できないため税金を無駄遣い。

 



 市の説明によれば、隣接地権者と土地境界の件で市長が会っていない。

  まず、市長が相手と会うことが一番だと考える。地権者は鎌倉市民である。どのようなこと

 であってもまず、話し合うことで解決の糸口を見つけることが大切。ところが、市の説明で

  は、土地境界紛争解決策として法務省「筆界特定制度」による解決を目指そうとしている。

  それで、解決しない場合は、裁判に持ち込むとの説明だ。

  市長と当事者の地権者が直接話し合いもせずに紛争仲介制度に持ち込めばよいのか。

  当事者同士がそれでよいなら良いが、そうでなければ止めるべきだ。

  まずは鎌倉市側が、市長はじめ先方に出向き、妥協点を見出すべきだ。

  市が、土地境界確定のため法的処理に持ち込めば少なくとも地権者とはいがみ合うこと

  になる。岡本マンション問題はすでに10年以上経過しているが、結論を得るためにさらに

  10年近くかかることになるだろう。

 

 

  松尾市長の問題は、ゴミでも岡本でも解決のために先頭に立って動いていないことだ。

  ごみは市長選の直前に住民と面会するが、岡本の地権者には会ってもいないようだ。

  これでは、職員は動かない。問題は解決しない。

  市は解決のための費用と時間を使うことに無頓着。

  コストは自分の金でなく税金だからだ。

  松尾市長は公約で「1円たりとも無駄にしない政治」と言っていたな~ 

  市政を動かせない人に市政は、任せられないことになる。

« 松尾市長に市長選不出馬を求めた長嶋市議一般質問 | トップページ | 最近の松尾市長言動    市長選の裏目になること多し! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】2017/9/8(鎌倉市議会)飯野議員一般質問

3 大船駅の再開発について

(1)進捗状況について

(2)これからの取組み

(中継録画約21分半)https://youtu.be/YnQaGmGtH4w

#大船駅 #再開発 #拠点整備部長 #大東橋 #検討するは何もしない事

【拡散希望】2017/9/8(鎌倉市)ICT・AIを活用したエリア観光渋滞対策の実験・実装を図る「観光交通イノベーション地域」の選定結果及びこれに関する一部報道について

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koutsu/ereapricinghodo.html

今回の市長選、公明党は反松尾を決めた。自民党も
松尾を支持しない。自民党に入りたくてしょうがない
浅尾とその一派は、公然と松尾支持を打ち出せない
状況だ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/71644444

この記事へのトラックバック一覧です: 大石市議一般質問    松尾市政「ゴミ」と「岡本マンション」:

« 松尾市長に市長選不出馬を求めた長嶋市議一般質問 | トップページ | 最近の松尾市長言動    市長選の裏目になること多し! »

無料ブログはココログ