« 北鎌倉緑の洞門に関する小冊子   「古い秩序の破壊」 | トップページ | 平成29年12月議会    組織変更議案の詳細について »

兵庫県明石市長・泉房穂さん

朝日新聞・天声人語「明石市の試み」によれば、明石市は、他市より子育てがしやすい街だ

よと市が比較広報をしている。


その結果、流入が増え、出生が増え、住宅需要が増え、公示地価が上がり税収が増えた。


政治山「子ども中心のまちづくりで人口増と税収増―泉房穂 明石市長に聞く(前編)

行政の責任として、すべての子どもに家庭的環境を―泉房穂 明石市長に聞く(中編)」

大切なことは障がいをもつ弟が教えてくれた―泉房穂 明石市長に聞く(後編)」


一般的には、どこの自治体も少子高齢化により人口減少となり、税収が減少している。

ところが、人口が増え、税収が増えている自治体があると言う。兵庫県明石市だとのこと。

「こどもを核としたまちづくり」と「セーフティネットの確立」の2つを基本方針として掲げていま

す。明石の未来を担うこどもを安心して産み・育てられるまち、そして、支援を必要とする人に

必要な支援が行き届く、誰もが暮らしやすいまちを目指すと言う。


鎌倉市と明石市を財政から比較すると

H28年度歳入に占める市税は、鎌倉が56.2%。明石市は、38.7%。

市債は、鎌倉が4.6%。明石市が、12.4%を占めている。

財政は、鎌倉市が圧倒的に優位だが、市の体質改善は圧倒的に明石市に軍配が上がる。




松尾鎌倉市長は、泉明石市長を真似て住みよい鎌倉市にしてください。

« 北鎌倉緑の洞門に関する小冊子   「古い秩序の破壊」 | トップページ | 平成29年12月議会    組織変更議案の詳細について »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

神奈川では枝野さんの神奈川立憲民主ができた わかりやすくいい でも 相模原の藤井博久が応援にきた 本村議員など元民主で、希望だ 結局 藤井さんの足元の相模原の行政が、不祥事だらけで、民主が仕切ってる「藤井博久」 枝野 長妻 早稲田 阿部ともこなど 分かりやすいが 結局、看板だけ利用して 藤井が 県央をごたごたして なにを 信じていいのか 議事録見て 市民のために
意見をしてないのが、藤井なんだよ 立憲希望 民主 ただ 議員なりたい そんなのが厚木や相模原で おかしくしてて 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/72390706

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県明石市長・泉房穂さん:

« 北鎌倉緑の洞門に関する小冊子   「古い秩序の破壊」 | トップページ | 平成29年12月議会    組織変更議案の詳細について »

無料ブログはココログ