« 公示地価から見る鎌倉市 | トップページ | 池上彰の新聞ななめ読み   森友問題    新聞各社    »

タイガースとジャイアンツ初戦    2018年と2003年比較

2018年プロ野球・阪神巨人戦が、今年は開幕戦となり昨日東京ドームで行われました。

R0021328
タイガースは、開幕戦を5-1で勝利した。

投手は、阪神がメッセンジャー。巨人が菅野です。菅野は、昨年の沢村賞投手。

セリーグNO 1投手。いや、日本プロ野球のNO 1投手と言っていい。

メッセンジャーは、タイガースの4年連続5度目の開幕投手。勝敗は、5試合3勝1敗。


2003年阪神巨人の初戦(東京ドーム)が行われ、まだ現役時代で職場から直行で観戦した。

試合結果は、8対8引き分け

9回表が終わり、7対1で阪神リード。時間は、8時半過ぎです。鎌倉おやじは、終われば、気

分良く飲みに行くと宣言。ところが、9回2アウト2ストライクナッシングから星野監督が出てき

て、投手交代。藤川球児投手が登板したが6点取られ同点。試合は延長戦となり、12回阪

神が1点入れるがその裏に高橋由伸にホームランを打たれて結局引き分けとなる。


試合が終わってドームから東京駅までタクシーに乗り、最終近くの東海道線で帰った記憶が

鮮明に残っている。


後日、星野監督が試合が終わり、ホテルへ帰るも寝付けず夜中にホテルの周りを散歩したと

言っていた。しかし、巨人戦との最初の3連戦は、2勝1引き分けとなった。


2003年は、星野監督就任2年目で、タイガースは18年ぶりのセリーグ優勝を果たしたの

だった。



2018年は、金本監督が星野監督に約束したセリーグ優勝


が見たいものだ!

« 公示地価から見る鎌倉市 | トップページ | 池上彰の新聞ななめ読み   森友問題    新聞各社    »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/73211494

この記事へのトラックバック一覧です: タイガースとジャイアンツ初戦    2018年と2003年比較:

« 公示地価から見る鎌倉市 | トップページ | 池上彰の新聞ななめ読み   森友問題    新聞各社    »

無料ブログはココログ