« 野坂昭如さんと高畑勲さんをつなぐ「火垂るの墓」 | トップページ | 北鎌倉隧道安全対策説明会   松尾市長発言フラフラ   TBS・東京マガジン取材 »

メディアの当事者責任

朝日新聞「パブリック」エディターとは

ともに考え、ともにつくるメディアへ」を掲げ、2015年4月にパブリックエディター(PE)制度を

新設しました。読者の声や社外の評価など踏まえて報道を点検し、当社編集部門に説明や

改善を求めています。

朝日記者の裁量労働制 不都合な問題も取り上げて 湯浅誠 5月30日

「ともに」考えるために 記者の自己開示、待ったけど 湯浅誠 4月17日

R0059292


湯浅誠さんは、働き方改革を取り上げました。

記者の仕事は、裁量労働制そのものです。NHK記者の過労死などを受けて、ある課題に

直面する当事者として自らの思いを示すべきでは無いかと提言しています。それは、一般

的な論とは異なる迫力があると...。

福田財務省事務次官のセクハラパワハラ問題が起きています。

これは、取材するメディア(女)と取材される側(男)との問題ですが、メディアは、情報入手の

ためいつどこへでも相手のところへ行かざるを得ない状態になる。そこでセクハラパワハラが

起きる可能性がある。

メディアの使命の一つに「権力の監視」がありますが、取材先のハラスメントは、絶えず起き

る可能性がある。使命を達成するためには、業界として相手に立ち向かう必要がある。

ビジネスジャーナル『放送法改正、狙いは「安倍首相賛美」番組増加か・・・テレビ局から電波

と政治的公平を奪う



放送法第4条撤廃論に対して、安倍政権寄りと見られている読売新聞も、「番組

の劣化と信頼失墜を招く」と社説で反対論を強く打ち出した。

放送法第4条撤廃論からメディアは自らの権益を守るため自分たちの使命を噛

みしめることになったのだろう

 



メディアは、権力の監視はもとより



働き方改革においても



当事者としての意見を開陳すべし!

 

« 野坂昭如さんと高畑勲さんをつなぐ「火垂るの墓」 | トップページ | 北鎌倉隧道安全対策説明会   松尾市長発言フラフラ   TBS・東京マガジン取材 »

メディア・広報」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】2018/4/17(TBS)女子高生のスカート内にスマホ、鎌倉市職員を逮捕

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3344847.html

(サンスポ)神奈川県鎌倉市職員を逮捕 スカート内を盗撮しようとした疑い

http://www.sanspo.com/geino/news/20180417/tro18041713320004-n1.html


【拡散希望】2018/4/22(サンスポ)国宝、鎌倉大仏にガム100カ所 油性ペンなどで落書きも

http://www.sanspo.com/geino/news/20180422/sot18042218390006-n1.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メディアの当事者責任:

« 野坂昭如さんと高畑勲さんをつなぐ「火垂るの墓」 | トップページ | 北鎌倉隧道安全対策説明会   松尾市長発言フラフラ   TBS・東京マガジン取材 »

無料ブログはココログ