« 地価が下がった鎌倉   松尾市長の失政が原因の一つ? | トップページ | 東アジアに三つあった   戦争で二分された国  »

鎌倉市人口推移(5支所別・年齢3区分別)    大船周辺が増えてる

岩瀬町内会は、鎌倉最大の町内会です。岩瀬町内会役員から聞いたところ、若い町内会員

が多くなっている。大船地区に若い人が増えている一因と話していた。


  平成30年度岩瀬町内会収支予算(案)

  収入合計15,711千円。(会費前年比100千円増)

  そのうち会費9,000千円(1会員月額250円×12=3千円。3千円×3,000会員)。


  鎌倉市5支所内で唯一大船地区人口が増加している

  ことが、市のデ-ターから判明した。


鎌倉市データーより「年齢3区分別人口(1月1日)の推移


鎌倉市支所別・年齢別人口推移表を作成しました。

鎌倉市5支所(鎌倉・大船・腰越・深沢・玉縄)における

3年齢区分(0~14歳・15~64歳・65歳以上)にて

平成20年3月と平成30年3月の人口を比較した。


1.支所別では唯一大船支所が増加。その他支所は減少。

2.鎌倉市合計3年齢別比率

 ①0~14歳 11.7% ②15~64歳 57.7% ③65歳以上 30.6%

  ③の比率が少なく①②の比率より多いのは、大船と玉縄地区でした。

  ※ 大船・玉縄は、改善がみられる  

3.5支所別3年齢別比率順位

  0~14歳:①玉縄②大船③深沢④鎌倉⑤腰越(多い順番)

 15~64歳:①大船②玉縄③深沢④鎌倉⑤腰越(多い順番)

  65歳以上:①大船②玉縄③深沢④鎌倉⑤腰越(少ない順番)


大船駅に近い大船・玉縄地区の数字が良い。

両地区は、人口増や若年層の増加が見込める地区です。

3年後には、大船地区人口が、鎌倉地区人口より多くなる可能性がある。

海岸側の鎌倉・腰越地区より大船・玉縄地区の方が多くなるだろう。


JR大船駅は、鉄道の利便が良い。

JR東海道線・京浜東北線・横須賀線。湘南モノレールが江の島に。

子育てする若い世代が生活し通勤するには、便利なところです。





大船玉縄に若い世帯が増え、町が明るくなるのを望む。


来週の5月20日(日)は、
大船まつり開催



今回は15周年となります。



大船の活性化に寄与すること間違いない。ご参加を!

 

« 地価が下がった鎌倉   松尾市長の失政が原因の一つ? | トップページ | 東アジアに三つあった   戦争で二分された国  »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/73485242

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市人口推移(5支所別・年齢3区分別)    大船周辺が増えてる:

« 地価が下がった鎌倉   松尾市長の失政が原因の一つ? | トップページ | 東アジアに三つあった   戦争で二分された国  »

無料ブログはココログ