« 鎌倉市と組合の和解   なれ合いで不祥事が続く | トップページ | 安倍政権の沖縄いじめ    辺野古埋立承認撤回    »

鎌倉市民行動の鏡    熊本から今度は広島へ   大津定博さん

鎌倉市民・大津定博さんについて取り上げます。

鎌倉の祭りやイベントの警備をやるNPO団体・鎌倉ガーディアンズ代表であり、大船まつり

副実行委員長です。


大津さんの活動を紹介したら限がないので少しだけ書きます。


西日本豪雨災害義援金募集

日時  2018年7月28日PM3:00~5:00

場所  JR大船駅東口エスカレーター前

主催  広島県人会鎌倉


募金額  146,961円が集まった。

義捐金は新聞社を通して、赤十字に。

この活動が、鎌倉において色々な義捐金の動に繋がれば嬉しいです

と言われていました。

大津さんは、広島出身で先週の週末は広島安芸にボランティアに入られた。

その行動力には感服する。

熊本地震では、一昨年の大船まつりで熊本地震災害義捐金を募集し、熊本市へ持参した。

昨年大船まつりでは、熊本の「クマモン」が、来訪して子供たちを喜ばせた。さらに、熊本市長

が、市民のため「防災についての講演会」に来ていただいた。

これら熊本と鎌倉の関係は、大津さんの行動がきっかけでした。

« 鎌倉市と組合の和解   なれ合いで不祥事が続く | トップページ | 安倍政権の沖縄いじめ    辺野古埋立承認撤回    »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/73939259

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市民行動の鏡    熊本から今度は広島へ   大津定博さん:

« 鎌倉市と組合の和解   なれ合いで不祥事が続く | トップページ | 安倍政権の沖縄いじめ    辺野古埋立承認撤回    »

無料ブログはココログ