« 県議会公認候補者から見えてくる鎌倉政治 | トップページ | 日本の高齢者投資はこれで決まり! »

山形県公立高校入試試験ミス    全教員の55%を処分

読売『高校教員の5割処分、山形県教委「痛恨の極み」』

リセマム「【高校受験2018】山形県公立高校入試、採点ミス34校253件」

日大アメフト問題・東京医科大学不正入試問題が、大きな問題と報じられているが、

山形県教育関係職員の資質そのものが問われる事件が発生していた。

安倍首相夫妻友達に関する疑惑「森友・加計」を端緒とする問題が派生している。

そのほとんどが、教育関係だ。文書改ざん・官僚不祥事・大学・スポーツ不祥事。

教育に係る「政官財」がグルになっている?   日本の教育が壊れている!

日本の人材が育たない。   日本国力が落ちて行く。



日本のトップが、疑惑を説明しない。白を切る! 居座る!




信頼できないと日本がおかしくなる。



9月の自民党総裁選をきっかけに代わってほしい。



3月下旬、県内の全日制高校を受験して不合格となった生徒の保護者からの開示請求に基

づき解答用紙を再点検したところ、採点ミスが発覚。県内高校全52校過去3年間の入試解

答チェックをしたところ、90%の学校で採点ミスが発生していた。

採点ミスに関与した1037人を処分した。これ以外に退職したため処分を免れた教員が240

人いたという。処分者は全教員の55%に当たる。採点では、ミスを防ぐため3回チェックした

というが、この人達がやれば何回やってもチェックにならない?

« 県議会公認候補者から見えてくる鎌倉政治 | トップページ | 日本の高齢者投資はこれで決まり! »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/74011011

この記事へのトラックバック一覧です: 山形県公立高校入試試験ミス    全教員の55%を処分:

« 県議会公認候補者から見えてくる鎌倉政治 | トップページ | 日本の高齢者投資はこれで決まり! »

無料ブログはココログ